« 被ばく線量 避難指示解除要件下回る推計(2014年6月23日)/福島・大熊町 解除後“戻らず”半数近く/2012年9月11日 NHK クローズアップ現代「原発避難解除はいつ 苦悩する町と住民」/飯舘村 避難区域見直し(2012年07月17日)/東京電力には1兆円以上の公的資金を投入し、福島県内に立地する企業への補助金の財源は5年分で1700億円か?/めどが立たない浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、楢葉町、飯舘村、川俣町、葛尾村(かつらおむら) | トップページ | 2014 年(前半)に私が購入した CD ベスト10 »

2014年6月27日 (金)

ズラータ・チェチエヴァの「ショパン:練習曲集」

Chochieva

Chopin:
Etudes Complete
Zlata Chochieva
Recording: 2014
PIANO CLASSICS


このアルバムの良い点は、音の良さ(大音量で聴くと迫力ある)と、安さだろう。

==

2014年6月24日に配達完了
----
1 点 Comp Etudes
Chopin
販売: Amazon.com Int'l Sales, Inc.
----
コンディション: 新品
----
価格: ¥ 1,220
商品の小計: ¥ 1,220
配送料・手数料: ¥ 0
----
合計: ¥ 1,220
Amazonポイント: -¥ 411
-----
この配送分の合計: ¥ 809

==

私の評価:★★★★☆

このアルバムには「練習曲集 作品10、25」の他に、3つの新練習曲 『モシェレスのメトードのための』が収録されている。

ショパンの「練習曲集」は、ポリーニ盤(1972年)を超えるものは、出現しないだろう、と思う・・・少なくとも私が生きている間には。

私が、ショパンの「練習曲集」を買う目的は、「作品25の7 嬰ハ短調」を聴くためと言っても過言ではない。私は、LPレコード時代、ホロヴィッツの「作品25の7(1979-80年録音)」を聴いて、同曲およびホロヴィッツによる同曲演奏にノックアウトされてしまった。さらに、ポリーニの同曲演奏にノックアウトされた。

・「作品25の7」について
この曲は、ショパン、24才の時の作品。・・・陰鬱、「希死念慮(?)」・・・ショパンは本当に根っからのメランコリアだったのだろう・・・こんなデプレッションな曲を24才の若さで書くとは・・・。
しかも、「作品25の7」は、ショパン、後期の、いや、彼の晩年の作品ではないかと思わせる「名作!」(私は実際、これは、ショパン、晩年の作品だと思った)。
この曲は、ある種の二重唱(歌)ではあるが、右手は2声。主旋律は、ほぼ左手で導かれ、右手がそれを模倣する。四分音符=66(ショパンの指示)。遅い曲。リズムも声も複雑。
そして、この曲の調性の変化(転調)に身を任せて、この曲を聴くと、本当に死にたくなる(「作曲家別名曲解説ライブラリー ショパン」には「エンハーモック転調」でロ長調の穏やかな部分に移るところは魔術的と書いてある)。
私は、ホロヴィッツ、ポリーニの爆発的「作品25の7」を好む。ズラータ・チェチエヴァの「作品25の7」は、声も表現も模範的なメジューエワ(エチュード集(24曲) メジューエワ)の同曲演奏(注:スコアを見ながらメジューエワの演奏を聴いてみた。メジューエワは3声の鳴らし方がうまいと思った)に比べると、不安感、恐怖、戦慄は増すが、もう少し思い切って不気味でも良かったと思う(とは言え、チェチエヴァの「作品25の7」はこのアルバム中最高の演奏だと思う)。

以下、チェチエヴァの「ショパン:練習曲集」について(私の主観。箇条書き)

・このアルバムは、ショパン的じゃないと思う。華がない。匂いがない。
・表現が、若干フラットな感じがする(コレは私の主観です)。
・技巧はかなり秀でている(ただし、チェチエヴァのラフマニノフのレビューで、私は「(彼女の演奏は)一瞬、ホロヴィッツを思わせる」と、書いたが、このショパンではそれが感じられなかった)。
・左手がよく響く、あるいはよく聞こえる。
・短調の激しい曲が良い。
・ムラがある(たとえば、作品10、第3番「別れの曲」は、中間部が下手で退屈させられるが、次の「第4番 嬰ハ短調」はテンポが速く、アクロバティックと言ってもいい演奏、聴き応えあり)。
・アルバム全体に流れがない。まとまりがない(このアルバムは、2014年2月25/26日の2日間で録音されている。2日間というは、集中的録音と言ってもいいと思う)。
・各曲に対する評価やインプレッションは、聴く人の好みに大いに依存するだろう。

・最後に

演奏は、このアルバムのジャケット写真のように明るい色はより明るく、暗い色はより暗く、中間色を排したトーンカーブ(フォトショップ用語)。ディテールにこだわらない。
恣意的でないことが、彼女の演奏の長所であり短所でもある、と思う。
しかし、私は、このアルバムが気に入った。彼女の演奏の(ある意味、物怖じしない)新しさが気に入った。
音響的には低音がよく響くのが気に入った。

(追加1)今回はスタインウェイを弾いている。

(追加2)譜例を書いてみたが、ここは、「ロ長調の穏やかな部分に移るところは魔術的」な(ロ長調への)転調ではないようだ(midi <--- ココをクリックすると音が出ます)。

Chopian_25_7_0

(追加3)ただし、作品10の第4、5番の技巧は、ホロヴィッツ的と言ってもいいかも知れない。

« 被ばく線量 避難指示解除要件下回る推計(2014年6月23日)/福島・大熊町 解除後“戻らず”半数近く/2012年9月11日 NHK クローズアップ現代「原発避難解除はいつ 苦悩する町と住民」/飯舘村 避難区域見直し(2012年07月17日)/東京電力には1兆円以上の公的資金を投入し、福島県内に立地する企業への補助金の財源は5年分で1700億円か?/めどが立たない浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、楢葉町、飯舘村、川俣町、葛尾村(かつらおむら) | トップページ | 2014 年(前半)に私が購入した CD ベスト10 »

ショパン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/56625457

この記事へのトラックバック一覧です: ズラータ・チェチエヴァの「ショパン:練習曲集」:

« 被ばく線量 避難指示解除要件下回る推計(2014年6月23日)/福島・大熊町 解除後“戻らず”半数近く/2012年9月11日 NHK クローズアップ現代「原発避難解除はいつ 苦悩する町と住民」/飯舘村 避難区域見直し(2012年07月17日)/東京電力には1兆円以上の公的資金を投入し、福島県内に立地する企業への補助金の財源は5年分で1700億円か?/めどが立たない浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、楢葉町、飯舘村、川俣町、葛尾村(かつらおむら) | トップページ | 2014 年(前半)に私が購入した CD ベスト10 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ