« 「2060年度 債務残高は8000兆円余に」/どこの国の話かと思ったら/やっぱりこの国は病んでる | トップページ | アラベラ・シュタインバッハーの「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 Nos 3, 4 & 5」 »

2014年4月30日 (水)

ゲオルク・ティントナーの「ブルックナー:交響曲全集」を、少しずつ聴く(第3、5番)

Tintner

Anton Bruckner (1824-1896)
The Complete Symphonies (12-CD Boxed Set)
Royal Scottish National Orchestra
National Symphony Orchestra of Ireland
New Zealand Symphony Orchestra
Georg Tintner
Recorded 1995/98

--

ブルックナーの第3、5番は、どちらも、私が苦手な曲。
結論を言えば、ティントナーの3、5番は、私の苦手を克服させてはくれなかった。

Anton Bruckner (1824-1896)
Symphony No. 3 in D Minor, WAB 103 (original 1873 version, ed. L. Nowak)
Royal Scottish National Orchestra
Georg Tintner
Recording 1998

第1楽章 30:39
第2楽章 20:41
第3楽章 06:50
第4楽章 19:22
合計   77:34

第3番は版の選び方がうまいと思う。
第3番第1楽章が、いきなり30分を超える楽章であることは、「同楽章は、かなりイレギュラな構造を持つだろう」と思わせたが「それほどでもなかった」。
全曲を聴いた後の印象は「何か物足りなかった」

--

Anton Bruckner (1824-1896)
Symphony No. 5 in B-Flat Major, WAB 105
Royal Scottish National Orchestra
Georg Tintner
Recorded 1996

第1楽章 20:19
第2楽章 16:42
第3楽章 14:11
第4楽章 25:50
合計   76:46

私事で悪いが私はティントナー指揮ブルックナー第5番を火災前に所有していた。
火災前に聴いた最終楽章のフーガは、「面白い!」と思わせられた記憶があるが、これを改めて聴いてみると「それほどでもなかった(汗;;」。

この2つの録音(3、5番)は、ティントナーが第7番で聞かせたモチベーションの高さが欠けていると思う。

« 「2060年度 債務残高は8000兆円余に」/どこの国の話かと思ったら/やっぱりこの国は病んでる | トップページ | アラベラ・シュタインバッハーの「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 Nos 3, 4 & 5」 »

ブルックナー」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/56001325

この記事へのトラックバック一覧です: ゲオルク・ティントナーの「ブルックナー:交響曲全集」を、少しずつ聴く(第3、5番):

« 「2060年度 債務残高は8000兆円余に」/どこの国の話かと思ったら/やっぱりこの国は病んでる | トップページ | アラベラ・シュタインバッハーの「モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 Nos 3, 4 & 5」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ