« ヤンセンの「バッハ:ヴァイオリン協奏曲(BWV 1041/42) ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲(BWV 1060) ヴァイオリン・ソナタ(BWV 1016/17)」 | トップページ | バーンスタインの「大地の歌」1966年録音 »

2013年11月 4日 (月)

スクリデの「シューマン:ヴァイオリン協奏曲 WoO 23」

Skride

Schumann:
Violinkonzert d-Moll WoO 23
Fantasie C-Dur op. 131
Violinkonzert a-Moll nach dem Cellokonzert op. 129

Baiba Skride, Violine
Danish National Symphony Orchestra
John Storgårds, Dirigent
2011/12年録音

結論を先に言えば、シューマンの「ヴァイオリン協奏曲 WoO 23」の難解さと面白さは、スクリデに合っていると思う。これは決定盤かも・・・。

私は、シューマンの作品を(ピアノ独奏曲を除いて)ほとんど知らない。シューマンの交響曲は全然知らない。そんな私が「協奏曲 WoO 23」のスコアを買ってそれを勉強したら、シューマン入門になるかも知れない。この作品は複雑だが意外に論理的に書かれているかも知れない(対位法など)。

言うまでもないことだが、「WoO」とは、ドイツ語の Werk ohne Opuszahl(作品番号なしの作品)の略語(ウィキペディアより)。
この作品の初演は、1937年。

・第1楽章
開始の第1主題は交響曲のように聞こえる(あるいは第1楽章全体が交響曲的かも知れない)。第2主題(ドルチェ)は、独奏ヴァイオリンに合うと思う。しかし、第1主題のいかめしさとの接続は、とってつけたようだ。

この作品は、カデンツァを持たない。その代わり、独奏ヴァイオリンに、入念、技巧的な旋律、フレーズが与えられている。

第1楽章展開部をスクリデはやわらかに静かに歌っている。良いと思う。

Schumann_woo23_1_2
第1楽章 第1主題(midi

Schumann_woo23_2_2
第1楽章 第2主題(midi

・第2楽章
第1楽章第1主題「In kräftigem, nicht zu schnellem Tempo(力強く、速すぎないテンポで)」に対し、第2楽章はピアニッシモの序奏に始まる。それは「切分音」で書かれている(チェロ2部)。切分音。リズムのズレ。それは凝っている。その「切分音」の旋律は独奏ヴァイオリンでも歌われる(第3楽章にも現れる)。
第1楽章と第2楽章のベートーヴェン的対比が、やっぱり交響曲っぽい。
第2楽章におけるスクリデの独奏は「ausdrucksvoll(表情豊か)」だけじゃない。節度。貫禄。

「切分音」をネットで検索してみると、それは「シンコペーション」の日本語訳らしい。私は昔から不思議に思っていたが、なぜ、「シンコペーション」という音楽用語は英語なのだろうか? つまりイタリア語やドイツ語で「シンコペーション」に当たる音楽用語はあまり使われない・・・「シンコペーション」って、ジャズ用語なのだろうか。

Schumann_woo23_3
第2楽章 切分音の旋律(チェロ2部、midi

Schumann_woo23_4
第2楽章 独奏ヴァイオリンの開始、表情豊かに(midi

・第3楽章
アタッカで、第3楽章に入る(ニ長調、3/4 拍子、ロンド)。第3楽章は、前の2つの楽章が、まるで無かったかのように、楽天的。リズミック。しかし、シューマン独特の難しさがある・・・第2楽章の旋律を用いていたりして凝ってる(私は「WoO 23」を初めて聞いた時、全楽章単一主題からなると思った)。形式的にごちゃごちゃしている。どんちゃん騒ぎ。技巧的。散漫。弛緩している(?)。「もっと分かり易く書いてよ」と言いたくなる。解説書無しでは、何がなんだか分からない・・・というか、解説書読んでも分からない。
ロンドの主題が見えにくい。副主題は、スクリデ盤では、トラック3の1分40秒。
シューマンは、ベートーヴェンの Vn 協奏曲に感銘してこの作品を書いたと言われるが、この第3楽章はベートーヴェンの明快な第3楽章に全然似てない。

「結尾に入り、独奏ヴァイオリンがトレモロの新しい音型(中略)これは、第1主題の第1主題によるもので、ロンドの主要主題の動機とからみ合ってゆき、独奏ヴァイオリンを巨匠的に活躍させることになる。そして、そのクライマックスで、曲は力強く結ばれる。」作曲家別名曲解説ライブラリー「シューマン」61ページより)

「ヨアヒムのヴァイオリンによる初演をシューマンはせつに希望した」しかし、ヨアヒムは初演しなかった。その理由は「ヴァイオリン・パートが凝りすぎていて、技巧的にたいへんむずかしく、それでいて演奏効果が意外にない」「シューマン後期の幻想が複雑な動きを示し、一般の人にはとりつきにくいものになっているということも考えられる。」(作曲家別名曲解説ライブラリー「シューマン」58ページより)

スクリデは、第3楽章を、何とか持ちこたえている。しかしそれは、他のヴァイオリニストには難しいことかも知れない。

Schumann_woo23_5
第3楽章 ロンドの主題(midi

Schumann_woo23_6
第3楽章 副主題(midi

« ヤンセンの「バッハ:ヴァイオリン協奏曲(BWV 1041/42) ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲(BWV 1060) ヴァイオリン・ソナタ(BWV 1016/17)」 | トップページ | バーンスタインの「大地の歌」1966年録音 »

シューマン, ローベルト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/53810266

この記事へのトラックバック一覧です: スクリデの「シューマン:ヴァイオリン協奏曲 WoO 23」:

« ヤンセンの「バッハ:ヴァイオリン協奏曲(BWV 1041/42) ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲(BWV 1060) ヴァイオリン・ソナタ(BWV 1016/17)」 | トップページ | バーンスタインの「大地の歌」1966年録音 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ