« 庄司紗矢香の「ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第1、3、4、7、8番」 | トップページ | リストの「ダンテを読んで」聴き比べ(2) »

2013年6月25日 (火)

リストの「ダンテを読んで」聴き比べ(1)

France Clidat 1968/73 年録音
Lazar Berman 1977
Jorge Bolet 1982/83
Alfred Brendel 1986
Leslie Howard 1996
Marylin Frascone 2006
Claire-Marie Le Guay 2010
Ragna Schirmer 2010/11

スコアを買ってみたが、この作品は、はっきり言ってよく分からん。スコアが読めん(泣
幻想曲なので、形式にこだわらないほうがいいと思うのだが、この作品は、形式的に秀でていると思う。

・序奏(midi
Dante_sonata_1

・第1主題(midi
Liszt_dante_sonata_2

・第2主題(旋律と和音のみ、midi
Dante_sonata_3

英語ウィキペディアによると、第2主題は第1主題の派生(derivation)と書いてあるが、私には両者は最初の4音だけが同じに思える。第1主題と第2主題は、この曲のクライマックスにおいて、巧みに回想される。序奏は、重要な旋律(アイデア)であり、その旋律とリズムは音楽を接着剤のようにつなげていると思う。私の考えでは、この曲は、様々な旋律(アイデア)が、最後には統一されていくような気がする。ワーグナーの「マイスタージンガー前奏曲」のように・・・(ただし、「対位法的」な手法で複数の旋律が同時に演奏されるわけではない)。また、この作品は、橋梁形式(A-B-C-B-A)の手法も感じさせる。

まだ、スコアを手に入れて間もないので、暫定的に・・・

レスリー・ハワードの演奏は、スッキリしていて、この作品の構造を聞き取りやすいかも知れない。しかし、盛り上がり(エクスタシー)が足りないか?

クレール=マリー・ル・ゲの演奏は演奏時間が長い(18分28秒)。豪快。しかし奥行きないし、まとまりないし、これもエクスタシーないと思う。

最後に変なことを書くが、そもそも、ダンテの『神曲』って、私は読んだことがないので、この曲の題材を私は知らない(汗

しかし、私はこの曲が好きだ。

Howard
レスリー・ハワード

Le_guay
クレール=マリー ル・ゲ

(下に続く)

(上の続き)

・序奏
「『音楽の悪魔』の異名を持つ三全音が冒頭で用いられているが、これはまさに地獄を音で表現したものといえる。(ウィキペディアより)」
三全音については、英語ウィキペディア(Tritone)に詳しく書いてある。
ピアノで弾いてみると分かるが、この前打音付きの序奏は、ニ短調で開始されない。

・第1主題
多分、ニ短調。
下はスコアの画像(第1主題の部分)。

Dante_sonata_1

・第2主題
多分、嬰ヘ長調。
下はスコアの画像。

Dante_sonata_2

--

Annees_de_pelerinage
Liszt: Annees De Pelerinage, Complete [ペーパーバック]

(2013−6−27)


« 庄司紗矢香の「ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第1、3、4、7、8番」 | トップページ | リストの「ダンテを読んで」聴き比べ(2) »

リスト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ハワードのリストは生気がなさ過ぎて苦手です…

私の知っている限りではブレンデル(1,2年)コチシュ(3年)セットのやつはコチシュの演奏がひどい(これまた生気がない)
ロルティはシャンドスらしくややキンキンめの録音。ロルティ自身も線が細い演奏です

私はこの曲集は3年が好き(それしか聴かないし、楽譜もそれしか持っていない)ですが、最近はディスコグラフィが恐ろしく増えてますね。また色々と感想教えていただければと思っています

そういえば最近ナクソスでコリリアーノの弦楽四重奏曲を買ったら大当たりでした。尖鋭性とアメリカの作曲家らしいねっちりとした抒情性が絡み合って聞き飽きません

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/52173101

この記事へのトラックバック一覧です: リストの「ダンテを読んで」聴き比べ(1):

« 庄司紗矢香の「ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第1、3、4、7、8番」 | トップページ | リストの「ダンテを読んで」聴き比べ(2) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ