« スクリデのストラヴィンスキー、マルタン | トップページ | ヤンセンのプロコフィエフ2番 »

2013年1月17日 (木)

加藤訓子のスティーヴ・ライヒほか

Kuniko

Kuniko Plays Reich

Steve Reich (b. 1936)

Electric Counterpoint Version for Percussions (1987 / 2009)
Movement I: Fast 06:53
Movement II: Slow 03:22
Movement III: Fast 04:37

Six Marimbas Counterpoint (1986 / 2010) 16:26

Vermont Counterpoint Version for Vibraphone (1982 / 2010) 09:48

Recorded: 2009/10
linnrecords.com

全曲、加藤訓子が編曲している。

エクスタシーを感じる。
So Percussion の「Drumming」を購入したがほとんど聴いてないのに対し、加藤訓子の演奏は聞きやすい。「演奏者が違うと、こうも違うのか」と思った。

この SACD を私のスピーカ(TANNOY Stirling HW)で大音量で鳴らすとスピーカの背面のプラグの辺りからノイズが出る(1曲目の低音部)。私のスピーカの脆弱さが露呈してしまった。TANNOY Stirling HW は「みかん箱」と貶される(泣
(2013−1−17)

チャーリー・パーカーのバップナンバーの強烈なリズム&シンコペーションと比較してはならないのだろうが、2曲目の「Six Marimbas Counterpoint」は、ジャズに比べればリズムがゆるいような気がする。3曲目も同様。
しかし、その「ゆるさ自体」が少しずつ変化することが、リスナーを退屈させない。そのことが、加藤の演奏において、ミニマル・ミュージックというのは、むしろ最も退屈させない高揚感(エクスタシー)の音楽であると感じさせる。この人は、ヴィルトゥオーサだと思う。
(2013-1-27)

--

Nathanniel_bartlett

Precipice
Modern marimba
Nathaniel Bartlett
Recorded: 2005
Albany records

Philip Glass
1. Opening [6' 31]

Allan Schindler
2. Precipice --- for marimba and computer-generated sounds [17: 43]

Greg Wilder
3. Interlude --- for marimba and computer-generated sounds [5: 40]

Augusta Read Thomas
Silhouettes
4. Like Toru Takemitsu crossed with Bill Evans [1: 57]
5. Like Igor Stravinsky crossed with Thelonious Monk [1: 51]
6. Like Pierre Boulez crossed with Oscar Peterson [3: 44]
7. Like Béla Bartók crossed with Art Tatum [2: 36]

Steve Reich
8. Vermont Counterpoint
(marimba version, Nathaniel Bartlett) [11: 20]

この SACD を私の脆弱なスピーカ(TANNOY Stirling HW)で、大音量で聴くと全曲ノイズだらけ。

1曲目「Opening」原曲はメロディアスなピアノ曲。
2曲目「Precipice(2003)」は演奏者による委嘱作品。現代音楽っぽい。
3曲目「Interlude(2005)」も委嘱作品。同上。
4曲目「Silhouettes」は、オーガスタ・リード・トーマスという女性作曲家が書いたギター曲「ダイアログ」から2楽章、および「ピアノ・エチュード」の2曲が原曲である。私はこの作品が気に入った。
5曲目「Vermont Counterpoint」は、加藤訓子も演奏しているライヒの作品(原曲は(それぞれ複数の)フルート、ピッコロ、アルト・フルートための)。加藤訓子よりソフトな演奏をしている(・・・というか、アプローチが違う)。

Nathaniel Bartlett は Vermont Counterpoint を360度マルチ・チャンネル・サラウンドで聞くことを推奨しているようだ(リスナーはそのセンターに位置することができると言っている)。しかし、そんなオーディオ環境持ってる人、少ないでしょう・・・ホームシアター以外では・・・。
(2013−1−27)

« スクリデのストラヴィンスキー、マルタン | トップページ | ヤンセンのプロコフィエフ2番 »

グラス, フィリップ」カテゴリの記事

トーマス, オーガスタ・リード」カテゴリの記事

ライヒ, スティーヴ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

あ、これ僕も買おうかと思ってるやつです

SACDなのに安めでいいですよね

タンノイはヒストリカル再生に向いている(正確に再現するというより音の「属性」を再生する)と言われているらしいですがそうなのでしょうか?

最近はバロック音楽にはまってます
嫌みのないところがいい

猫大好きさん、コメントありがとうございます

私はこのスピーカに刷り込まれています

私は火事被災(2009年)の4〜5年ぐらい前(2004年頃)にやっと TANNOY Stirling HW の良さが分かってきました。私が生まれて初めて購入したスピーカが Stirling HW であり(火災で焼失するまで、30年以上聴き続けていました)、
火災後、現行の数あるスピーカのなかから、Stirling HW 以外を選ぶ機会があったのに、やっぱり Stirling HW を再取得し現在聴いています。

私にとって、このスピーカは空気のようなものです。

重要なことは、Stirling HW は、生の音に近いが生の音とは異なる。しかし、生の音以上に、演奏者の演奏を伝える・・・ということ(私の主観)

ただし、Stirling HW と、他のスピーカとの比較は・・・私には不能。
このスピーカへの客観的評価不能。

以上取り急ぎ・・・

すり‐こみ【刷(り)込み】
生まれたばかりの動物、特に鳥類で多くみられる一種の学習。目の前を動く物体を親として覚え込み、以後それに追従して、一生愛着を示す現象。動物学者ローレンツが初めて発表した。刻印づけ。インプリンティング。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/48700329

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤訓子のスティーヴ・ライヒほか:

« スクリデのストラヴィンスキー、マルタン | トップページ | ヤンセンのプロコフィエフ2番 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ