« 小菅優の「ジュノム」 | トップページ | リーザ・デラ・カーザの「4つの最後の歌」 »

2012年11月 6日 (火)

アラベラ・シュタインバッハーのプロコフィエフ

Steinbacher

Sergei Prokofiev
The 2 Violin Concertos
Sonata for Violin Solo in D major, Op.115
Arabella Steinbacher, violin
Russian National Orchestra
conducted by Vasily Petrenko
2012 年録音

Sergei Prokofiev
Violin Concert No. 1 in D major Op. 19
1 Andantino 10. 22
2 Scherzo - Vivacissimo 3. 59
3 Moderato-Allegro moderato-Più tranquillo 9. 09

Violin Concerto No. 2 in G minor Op. 63
4 Allegro moderato 11. 20
5 Andante assai-Allegretto-Andante assai 10. 06
6 Allegro, ben marcato 6. 12

Sonata for Violin Solo in D major Op. 115
7 Moderato 5. 15
8 Theme - Andante dolce 0. 28
9 Variation 1 0. 28
10 Variation 2 - Scherzando 0. 26
11 Variation 3 - Andante 0. 32
12 Variation 4 0. 37
13 Variation 5 0. 41
14 Con brio-Allegro precipitato 4. 07
Total playing time: 64.27

私はプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲をまったく知らんが、この演奏はシュタインバッハーがこれまで発表したアルバムのなかで最も出来が良いものかも知れない。ただしプロコフィエフにうるさいリスナーには「欠点が見える」かも知れない。
1番の冒頭、ヴァイオリンの長い旋律にオケが対位法的にからむ(そのあとオケの旋律にヴァイオリンがからむ)。その長い旋律を彼女はうまく持ち上げている。そこを聴いただけで私はこのアルバムが気に入った。
激しく速い旋律もうまく持ちこたえていると思う。

--

Frang

Sibelius: Violin Concerto
Three Humoresques
Prokofiev: Violin Concerto No. 1
Vilde Frang
WDR Sinfonieorchester Köln
Conductor: Thomas Søndergård

よく聴いてみたら、この人のプロコフィエフも良かった。

==

Vengerov_1
プロコフィエフ:ヴィオリン協奏曲 No.1
ショスタコーヴィチ:ヴィオリン協奏曲 No.1
マキシム・ヴェンゲーロフ
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ
Lso
1994年録音
国内盤
1050円

Vengerov_2
プロコフィエフ:ヴィオリン協奏曲 No.2
ショスタコーヴィチ:ヴィオリン協奏曲 No.2
マキシム・ヴェンゲーロフ
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ
Lso
1996年録音

トロンボーン吹きさんおすすめのマキシム・ヴェンゲーロフのプロコフィエフ1番。
プロコフィエフの Vn 協奏曲(1、2番)は、本当はこういう曲だったのかと思わせられた(プロコフィエフ1番にはカデンツァがないけど、テーマがダカーポする前にヴァイオリンソロがあるということに、私はヴェンゲーロフの演奏を聴いて初めて気がついた)。
オケとソロイストがつぼを押さえているような気がする、かつ雄弁である(オケの音がよく聞こえる)。
ロストロポーヴィチは、プロコフィエフと親交があったのかどうか知らないけど、ロストロポーヴィチの指揮する微妙なテンポ、デュナーミク、アーティキュレーション、音色は作曲家の意図に近いのだろうと推測される。
ヴェンゲーロフとロストロポーヴィチのコンビは相性が良いと思う。息が合っている。ロシア製高級車&豪華客船に乗っているような気分にさせる。
それに対し、シュタインバッハーとペトレンコの演奏は粗いし、息が合ってない(音がぶつかる、かぶる)。
しかしながら、私はシュタインバッハーに思い入れがあるので、シュタインバッハーの荒くれ演奏のほうに快感を感じる。


Frang
Sibelius: Violin Concerto
Three Humoresques
Prokofiev: Violin Concerto No. 1
Vilde Frang
WDR Sinfonieorchester Köln
Conductor: Thomas Søndergård
2009年録音

リズム感が良い。
私は、この人のプロコフィエフ1番も好きだ。
高級味付け海苔のような、誰が食べても美味しい味に仕上がっていると思う。


Julia_fischer
Aram Khachaturian: Violin Concerto in D minor
Sergei Prokofiev: Violin concerto No. 1 in D Op. 19
Alexander Glazunov: Violin Concerto in A minor Op. 82
Julia Fischer, violin
Russian National Orchestra
Conducted by Yakov Kreizberg
2004年録音

ユリア・フィッシャーのプロコフィエフ1番は、クライツベルクとのコンビネーションが魅力なのだが、やはりドイツ的か? 二人とも端正な演奏に走り、いまいち物足りない。
(2012−11−27)

« 小菅優の「ジュノム」 | トップページ | リーザ・デラ・カーザの「4つの最後の歌」 »

プロコフィエフ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/47740453

この記事へのトラックバック一覧です: アラベラ・シュタインバッハーのプロコフィエフ:

« 小菅優の「ジュノム」 | トップページ | リーザ・デラ・カーザの「4つの最後の歌」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ