« ラフマニノフの「ソナタ2番」は、なぜ初版じゃダメなの? | トップページ | ポリーナ・レスチェンコの「ロ短調ソナタ」 »

2012年11月28日 (水)

ラフマニノフのソナタ2番 聴き比べ

私は知らぬ間に、ラフマニノフのソナタ2番を7種類も持っていた。そもそも私は、この作品に魅力を感じなかった。しかしよく聴いてみると面白い作品だ。

Idil Biret 1994/95年録音
Olga Kern 2004年
Hélène Grimaud 2004年
Anna Vinnitskaya 2008年
Nareh Arghamanyan 2009年
Anastasia Voltchok 2011年
Marylin Frascone 録音年不明

小出しに感想を書く。
この作品はヴァージョンがいろいろあるので「どのヴァージョンを選ぶか」でその演奏者のセンスが少し見える。
グリモーのラフマニノフ2番は、1931 version with borrowing from the 1913 version
つまり、1913版から借りて来た部分をともなう1931版。つまり、グリモー独自の版である。
私はいままで、グリモーというピアニストに興味を持ったことがなかった。
しかし、このラフマニノフは、スマートな演奏だと思う。気に入った。
この作品は途中で退屈するときがあるが、グリモーの演奏は退屈しない。知的な演奏ではないかと思う。
なんだかジャズっぽい・・・。

Grimaud
ショパン:ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調op.35「葬送」
子守歌 変ニ長調op.57
舟歌 嬰へ長調op.60
ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調op.36
エレーヌ・グリモー
2004年録音

« ラフマニノフの「ソナタ2番」は、なぜ初版じゃダメなの? | トップページ | ポリーナ・レスチェンコの「ロ短調ソナタ」 »

ラフマニノフ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/48010615

この記事へのトラックバック一覧です: ラフマニノフのソナタ2番 聴き比べ:

« ラフマニノフの「ソナタ2番」は、なぜ初版じゃダメなの? | トップページ | ポリーナ・レスチェンコの「ロ短調ソナタ」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ