« アリサ・ワイラースタインの「エリオット・カーター:チェロ協奏曲」 | トップページ | 東電 未公表データをHPで公表(2012年11月20日)/福島第一原発4号機タービン建屋 汚染水4.2トン漏出 1cc当たりおよそ7万7000ベクレルの放射性セシウムが検出(2012年8月14日)/1号機圧力抑制室外側で高線量を検出(2012年6月27日)/東京電力は24日、原子炉が緊急停止した後の福島第1原発2、3号機の状態を公表(2011年5月) »

2012年11月 8日 (木)

ナレ・アルガマニヤンの「ロ短調ソナタ」

Arghamanyan

Rachmaninov, Sergueï (1873 - 1943)
Sonate no 2 en si bémol mineur, op. 36 (version révisée, 1931)
Liszt, Franz (1811 - 1886)
Sonate en si mineur, S. 178
Nareh Arghamanyan, piano
Enregistré les 11, 12 et 13 mars 2009
Enregistré sur un piano de concert CF-III-S Yamaha

ナレ・アルガマニヤン。アルメニア出身。
この人のリストは、期待していなかったけど気に入った。
ただし、スコアを見ながら聴くと疲れる。
冒頭から、スタッカート、スラー、フェルマータを強調して演奏しているようだ(ある意味スコアに忠実)。それが目立つから、スコアを見ながら聴くと疲れるのだろう。
叙情的なアンダンテ・ソステヌート(330小節のフェルマータは長い)、カデンツァ、レチタティーヴォ、トリルには思い入れがあるように聞こえる。それに対し、「(しばしば転調する)グランディオーソの動機」のような「音楽的構造上重要な部分」は構造を重んじ、糞真面目に弾いているように聞こえる。つまり前者の「叙情的な部分」と後者を区別して弾いているような気がする。
この作品が協奏的だとすると、この人はさっさと協奏曲を弾きたがっているんじゃないかと感じさせた。
この人は「枠(Rahmen)」で、文字通り初めと終わりをしっかり固めているのが良い(下記参照)。
こういう若い人は将来期待できるのがうれしい。

Liszt Piano Sonata in B minor
Analysis from wikipedia.de

1 - 7:枠
8 - 13:跳躍動機
13 - 17:(ピアノの)ハンマー音
18 - 29:跳躍動機成分
30 - 39:跳躍動機成分とハンマー音(拍子を交替させながら)
40 - 44:跳躍動機成分
45 - 54:自由な上昇音形
55 - 81:継続を伴う跳躍動機
82 - 104:枠(バスにて)

上記から傍系主題が始まる

105 - 119:グランディオーソ(壮大に)の動機(2分の3拍子、傍系楽章の第1動機)
120 - 140:跳躍動機(再び4分の4拍子で)
141 - 152:ハンマー音
153 - 170:ハンマー音(音価2倍)(傍系主題の第2動機)
170 - 190:跳躍動機成分(バスに)
190 - 196:ハンマー音(音価2倍)と枠
197 - 204:短いソロカデンツァ
205 - 231:跳躍動機と反行
232 - 238:ソロカデンツァ
239 - 254:カデンツァ 伴奏付
255 - 269:ハンマー音成分(カデンツァ成分を伴って)
270 - 277:跳躍
278 - 286:枠
286 - 296:継続を伴う跳躍動機
297 - 300:グランディオーソの動機(2分の3拍子)
301:レチタティーヴォ(自由な拍子で)
302 - 305:グランディオーソの動機(2分の3拍子)
306 - 310:レチタティーヴォ
310 - 314:ハンマー音
315 - 318:跳躍動機成分
319 - 330:ハンマー音 拡大された音価の跳躍動機(右手)を伴って

ここからテンポが遅い中間楽章が始まる

331 - 348:叙情的なアンダンテ・ソステヌート - 旋律主題(4分の3拍子)
349 - 362:ハンマー音(音価2倍)カデンツァ成分を伴って
363 - 380:グランディオーソの動機(音価半分)
381 - 384:跳躍動機への接近
385 - 394:跳躍動機
395 - 415:変奏されたアンダンテ・ソステヌート - 旋律主題
415 - 432:パッセージ 枠成分(バスの下降音形)を伴って
433 - 445:ハンマー音(音価2倍)
446 - 459:枠

ここから再現部が始まる

460 - 523:跳躍動機とハンマー音によるフガート
524 - 530:跳躍動機(16分音符の技巧的な走句が続く)
531 - 540:跳躍動機(ハンマー音と交替しながら・その後、16分音符が続く)
541 - 554:16分音符
555 - 569:和音と16分音符
569 - 581:跳躍動機(バスにて下降音階と交替しながら)
582 - 599:パッセージとハンマー音
600 - 615:グランディオーソの動機の再現(600小節以降はこの動機はロ長調で演奏)
616 - 650:ハンマー音(音価2倍)ソロカデンツァが続く

ここからコーダであると分離することができる、すべての重要な動機が逆の順番で現れる

650 - 672:ストレッタ:ハンマー音(音価2倍)、跳躍動機成分
673 - 681:プレスト:4分音符の下降音形
682 - 699:プレスティッシモ:和音と8分音符
700 - 710:グランディオーソの動機(2分の3拍子)変奏を伴う(伴奏は1拍に8分音符4つではなく、4分3連符で)
711 - 728:叙情的なアンダンテ・ソステヌート - 旋律主題が再現する(4分の4拍子)
728 - 736:オリジナルのハンマー音(バスにて、ロ長調)
737 - 743:跳躍動機(両手に分担されて演奏、パラレルの8分音符を伴わずに)
743 - 749:和音
750 - 754:枠
755 - 760:終結和音

Lisztgrandioso
グランディオーソの動機

Lisztandantesostenuto
アンダンテ・ソステヌート(Midi

==

ナレ・アルガマニヤンの「ロ短調ソナタ」は、Analekta というカナダのレーベルの商品。

よく考えてみると、カナダのオルガニスト、ベルナール・ラガセ(Bernard Lagacé)が演奏した「バッハ:オルガン全集」はこのレーベルのものだった。私はそれを2009年の7月に購入したが焼失した。買い戻したいけど、いまは売ってない。
(2012−11−27)

You purchased this item on Sep 7 2009.
Items Ordered Price
1 of: Complete Organ Works & Other K [Audio CD]
By: Bach J.S.
Condition: New
Sold by: Amazon.com.ca, Inc.
CDN$ 129.99

Item(s) Subtotal: JPY 11,556
Shipping & Handling: JPY 2,221
-----
Total before tax: JPY 13,777
GST: JPY 0
PST: JPY 0
-----
Total for this Shipment: JPY 13,777

==

[2013−5−20 追加]
この人は、リストだけではなく、ラフマニノフもうまいと思う。

« アリサ・ワイラースタインの「エリオット・カーター:チェロ協奏曲」 | トップページ | 東電 未公表データをHPで公表(2012年11月20日)/福島第一原発4号機タービン建屋 汚染水4.2トン漏出 1cc当たりおよそ7万7000ベクレルの放射性セシウムが検出(2012年8月14日)/1号機圧力抑制室外側で高線量を検出(2012年6月27日)/東京電力は24日、原子炉が緊急停止した後の福島第1原発2、3号機の状態を公表(2011年5月) »

リスト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/47771422

この記事へのトラックバック一覧です: ナレ・アルガマニヤンの「ロ短調ソナタ」:

« アリサ・ワイラースタインの「エリオット・カーター:チェロ協奏曲」 | トップページ | 東電 未公表データをHPで公表(2012年11月20日)/福島第一原発4号機タービン建屋 汚染水4.2トン漏出 1cc当たりおよそ7万7000ベクレルの放射性セシウムが検出(2012年8月14日)/1号機圧力抑制室外側で高線量を検出(2012年6月27日)/東京電力は24日、原子炉が緊急停止した後の福島第1原発2、3号機の状態を公表(2011年5月) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ