« モートン・フェルドマンの「ジョン・ケージのために」(2) | トップページ | 2012年7月24日(火) 午後10時00分〜10時49分 NHK スペシャル「原発事故調 最終報告 〜解明された謎 残された課題〜」 »

2012年7月24日 (火)

モートン・フェルドマンの「ジョン・ケージのために」(3)

For_john_cage

Morton Feldman
For John Cage (1982)
Total Time 77: 10

Paul Zukofsky, violin
Marianne Schroeder, piano
Recorded: 1984
Musical Observations, Inc.

非常に美しい演奏。

これは初演者による演奏。
そもそも、フェルドマンはこういう演奏をイメージしたのではないか。
安物の(あるいは壊れた)ヴァイオリンの音がする。音程が不安定に聞こえる。わざと下手に弾いているように聞こえる。
豊嶋泰嗣&高橋アキの演奏に比べて演奏時間が短いので音楽の全体像を聞き取ることができるかも知れない。
Paul Zukofsky の演奏自身がフェルドマンの求めに応じていると聞こえる。
豊嶋泰嗣&高橋アキ、Marc Sabat & Stephen Clarke の演奏と比して感じることは「For John Cage (1982) はヴァイオリン・ソナタに近い」ということ。つまり、Marianne Schroeder の美しい伴奏が伴奏に徹していると思う。

« モートン・フェルドマンの「ジョン・ケージのために」(2) | トップページ | 2012年7月24日(火) 午後10時00分〜10時49分 NHK スペシャル「原発事故調 最終報告 〜解明された謎 残された課題〜」 »

フェルドマン, モートン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/46441267

この記事へのトラックバック一覧です: モートン・フェルドマンの「ジョン・ケージのために」(3):

« モートン・フェルドマンの「ジョン・ケージのために」(2) | トップページ | 2012年7月24日(火) 午後10時00分〜10時49分 NHK スペシャル「原発事故調 最終報告 〜解明された謎 残された課題〜」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ