« HJ リムの「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集(ただし第19、20番を除く)」(その2)(Nos 15, 21, 22, 25) | トップページ | 東日本大震災(震災は終わらない/大震災:身元不明犠牲者の似顔絵公開 宮城県警) »

2012年5月31日 (木)

HJ リムの「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集(ただし第19、20番を除く)」(その3)(Nos 5, 6, 7)

Beethoven_lim

Beethoven
Complete Piano Sonatas
HJ Lim

ベートーヴェン
ピアノ・ソナタ全集(ただし第19、20番を除く)(8CD)
H.J.リム
2011年録音

CD5 Theme5 Extremes in Collision 〜 極端なものの衝突

作品10の3曲(第5、6、7番)は、第1楽章と第2楽章の対比が「極端」なので彼女が「極端なものの衝突」というテーマでくくっているのは良い解釈だと思う。

第5番
例によって第1楽章の提示部と再現部の対比がうまいし、第2楽章アダージョ・モルトの12連符などがうまい。第3楽章は第1楽章ほど印象的ではないが、コーダでリタルランド、アダージョになるところがうまい。

第6番
第1楽章の微妙な調性の変化がうまく表現されていると思う。
ベッカーという人は、第2楽章アレグレットは第5番交響曲のスケルツォと似ていると指摘している。
第3楽章のテーマは魔笛の序曲に似ている。私の主観では、それら3つの楽章の対比がうまくいっているかは疑問。

第7番
このソナタは難しい作品のはずなのに、リムは力でねじ伏せているわけではなく、丁寧に弾いていると思う。第2楽章ラルゴ・エ・メストの3分56秒あたり(スモルツァンド:徐々に音を弱めながら遅くして)で音楽が停滞するところは丁寧な演奏(第2楽章の終わりも見事)。ただし第3楽章メヌエットと第4楽章ロンドはエレガントな楽章なのだが、それらと第1、2楽章がうまく対比されているかは、これまた疑問。だが、それもまた私の主観であり、その対比を強調し過ぎるとしつこくなるのかも知れない。(つづく)

« HJ リムの「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集(ただし第19、20番を除く)」(その2)(Nos 15, 21, 22, 25) | トップページ | 東日本大震災(震災は終わらない/大震災:身元不明犠牲者の似顔絵公開 宮城県警) »

ベートーヴェン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/45480652

この記事へのトラックバック一覧です: HJ リムの「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集(ただし第19、20番を除く)」(その3)(Nos 5, 6, 7):

« HJ リムの「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集(ただし第19、20番を除く)」(その2)(Nos 15, 21, 22, 25) | トップページ | 東日本大震災(震災は終わらない/大震災:身元不明犠牲者の似顔絵公開 宮城県警) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ