« 東日本大震災(茨城 独自基準で魚の水揚げ自粛/また、国の新しい基準値の半分の50ベクレルを超える魚も水揚げしない) | トップページ | 【新−1】 菅首相の気まぐれと九州電力の醜聞で、日本が脱原発に方向転換するのなら、私は賛成だ/橋下市長いわく「電力不足の可能性がある場合は、電力需要のピーク時に計画停電すると腹をくくればいい」/橋下氏は、政治家としては素人ではないのだろうか?/一番恐いのは電力不足によって、体力がない企業が倒産することと熱中症/橋下徹氏が「反原発」を唱えるのは選挙に勝つためだけの公約に思える/国内の原発稼働状況(2011年6月17日現在) »

2012年3月31日 (土)

ヴォルフガング・リームの合唱曲集

Astralis

Wolfgang Rihm (*1952 )
Astralis, Fragmenta passionis, Sieben Passions-Texte

Sieben Passions-Texte für sechs Stimmen (2001-2006)
1 I. Tristis est anima mea 2'38
2 II. Ecce vidimus eum 4'19
3 III. Velum templi scissum est 3'36
4 IV. Tenebrae factae sunt 5'33
5 V. Caligaverunt oculi mei 4'29
6 VI. Recessit pastor noster 2'50
7 VII. Aestimatus sum 4'46

8 Astralis ("Über die Linie" III) für kleinen Chor, Violoncello und 2 Pauken (2001) 29'29

Fragmenta passionis
Fünf Motetten für gemischten Chor a cappella (1968)
9 I. Da verliessen ihn 1'20
10 II. Da schrien alle 2'46
11 III. Vater, vergib ihnen 1'27
12 IV. Jesus schrie nochmals 1'35
13 V. Wahrhaftig dieser war Gottes Sohn 2'52

RIAS Kammerchor
Hans-Christoph Rademann, conductor
harmonia mundi s.a.

ヴォルフガング・リーム作曲
6声のための「7つの受難」(2001-2006)
小合唱、チェロと2つのティンパニのための「アストラリス」(ノヴァーリスの「線の上で」より)(2001)
無伴奏混声合唱のための5つのモテット「受難の断片」(1968)

RIAS室内合唱団
ハンス=クリストフ・ラーデマン(指揮)

録音時期:2011年9-11月
録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
録音方式:デジタル(セッション)

「7つの受難」は、マドリガルの伝統に倣う作品。「アストラリス」は、ロマン的、現実逃避が魅力の大作(29分29秒)。「受難の断片」はこのアルバムにおいてボーナストラック的「オマケ」。だが、魅力的断片である。

【歌詞大意】
7つの受難 (2001-2006)
第1曲 私は死ぬばかりに悲しい。ここを離れず、私と共に目を覚ましていなさい。やがて群衆が来て私を取り囲むだろう。するとあなたがたは逃げるだろう。私はあなた方のためにいけにえとなる。

第2曲 見よ! 汚された御姿を。彼は私たちの罪を負い苦しむ。私たちの咎のため彼は打ち砕かれた。彼の受けた傷によって、私たちは癒された。彼が担ったのは私たちの苦しみ、彼が負ったのは私たちの痛みであった。

第3曲 そのとき、神殿の垂れ幕が真っ二つに裂け、地震が起こった。キリストとともに十字架につけられた盗賊が「主よ、あなたが御国に行かれるときは私のことを思って下さい」と叫んだ。岩が裂け、墓が開いて、多くの聖なる者たちの体が生き返った。

第4曲 ユダヤ人がイエスを十字架につけたとき全地は暗くなった。三時ごろ、イエスは大声で「神よ!なぜわたしをお見捨てになったのですか?」と叫ばれた。イエスは頭を垂れ、息を引き取られた。イエスは大声で「父よ、あなたの御手に私の魂を委ねます」と叫ばれた。

第5曲 私の目は涙にくもります。私の慰めだった人が遠くに行かれたからです。あなた方の悲しみは私の悲しみと同じぐらい悲しいはずです。

第6曲 私たちの羊飼い、命の泉は去って行った。彼が去って行ったので太陽は光を失った。彼は人を虜にするために縛めにつながれた。しかし私たちの救い主は死の門とかんぬきを砕かれた。彼は地獄の牢をこわし悪魔の力を屈服させた。

第7曲 私は、墓穴へと向かう者の一人と数えられる。私は途方にくれ死者となり朽ち果てる。私は奈落に投げ込まれ、死の闇と影に入る。

「アストラリス」(ノヴァーリスの「線の上で」より)(2001)
新しい世界がやって来る。太陽の光が暗くなる。コケむした廃墟に未来は美しく輝く。かつて日常だったものは見慣れぬものに思える。万物は一つになる。時空に秩序はなく、未来と過去に区別がない。愛の国が開く。おとぎの国の走馬灯。自然はいっせいに太古の遊戯を始める。万物が結びつき繁殖し熟し、影を落とし、混ざり合い、深淵を渇望し、本性を回復し、無数の新しい思考を保つ。世界は夢となり、夢は世界となる。そして人は、過ぎ去ったと思われたことが遠くからやってくるのを見る。悲哀も欲情も死も生も深く共鳴する。至高の愛に屈する者は愛の傷を癒すことはない。内なる目に巻かれた縛めは痛みをもって引き裂かれなければならない。純粋な心は孤児となって憂鬱な世界から逃げねばならない。肉体は涙に溶け、世界は巨大な墓となる。心は不安な憧れにやつれ灰となりその墓に落ちる。。

「受難の断片」(1968)
第1曲 弟子たちは皆、イエスを見捨てて逃げてしまった。マルコ 14-50
第2曲 皆は「十字架につけろ」と言った。マタイ 27-22
第3曲 父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。ルカ 23-34
第4曲 イエスは再び大声で叫び、息を引き取られた。マタイ 27-50 成し遂げられた。ヨハネ 19-30
第5曲 本当に、この人は神の子だった。マタイ 27-54

【追加】
「7つの受難」歌詞対訳(注意:誤訳あり)
「アストラリス」歌詞対訳(注意:誤訳あり)

« 東日本大震災(茨城 独自基準で魚の水揚げ自粛/また、国の新しい基準値の半分の50ベクレルを超える魚も水揚げしない) | トップページ | 【新−1】 菅首相の気まぐれと九州電力の醜聞で、日本が脱原発に方向転換するのなら、私は賛成だ/橋下市長いわく「電力不足の可能性がある場合は、電力需要のピーク時に計画停電すると腹をくくればいい」/橋下氏は、政治家としては素人ではないのだろうか?/一番恐いのは電力不足によって、体力がない企業が倒産することと熱中症/橋下徹氏が「反原発」を唱えるのは選挙に勝つためだけの公約に思える/国内の原発稼働状況(2011年6月17日現在) »

リーム, ヴォルフガング」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/44691442

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォルフガング・リームの合唱曲集:

« 東日本大震災(茨城 独自基準で魚の水揚げ自粛/また、国の新しい基準値の半分の50ベクレルを超える魚も水揚げしない) | トップページ | 【新−1】 菅首相の気まぐれと九州電力の醜聞で、日本が脱原発に方向転換するのなら、私は賛成だ/橋下市長いわく「電力不足の可能性がある場合は、電力需要のピーク時に計画停電すると腹をくくればいい」/橋下氏は、政治家としては素人ではないのだろうか?/一番恐いのは電力不足によって、体力がない企業が倒産することと熱中症/橋下徹氏が「反原発」を唱えるのは選挙に勝つためだけの公約に思える/国内の原発稼働状況(2011年6月17日現在) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ