« 国家公務員給与削減法が成立/民主・自民・公明の3党は、今回の確認書に基づく国家公務員の給与削減によって、およそ6000億円の復興財源が捻出できるとして、今月中の法案成立を目指す/前原氏 給与削減で早期合意を/国と地方は、公務員の賃金を7.8%カットして、被災者のためのお金を作って下さい/公務員は、賃金カットを受け入れて下さい | トップページ | 東日本大震災(「福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書」アマゾンにて予約受付開始/「報告書の発売のお知らせ」/「入手方法につきまして」/この報告書が出たのだから国と東電は原発事故被害者への賠償を急ぐべきだ/『100%安全なのに、なぜ対策を行わなければならないのか』という空気が広がっていた/SPEEDI“存在も知らず”/枝野経済産業大臣は「東京でも避難が必要になるという『悪魔の連鎖』が起きるおそれがあると思った」「こうしたシナリオは官邸で共有されていた」 »

2012年3月 1日 (木)

グバイドゥーリナ作曲「今この時の中で」「栄光のパーカッション」

Gubaidulina

Sofia Gubaidulina
1. In tempus praesens (2007)
Concerto for violin and orchestra 31'50

2. Glorious Percussion (2008)
Concerto for percussion ensemble and orchestra 38'42

Vadim Gluzman, violin
Glorious Percussion
Anders Loguin, Anders Haag, Mika Takehara, Eirik Raude, Robyn Schulkowsky
Lucerne Symphony Orchestra, orchestra
Jonathan Nott, conductor
Recording: 2008 / 2011
BIS

【収録情報】
グバイドゥーリナ:
1. 今この時の中で(ヴァイオリン協奏曲) (2007)
2. 栄光のパーカッション(打楽器アンサンブルと管弦楽のための協奏曲) (2008)

 ワジム・グルズマン(ヴァイオリン)
 グロリアス・パーカッション(アンデシュ・ログイン、アンデシュ・ヘーグ、竹原美歌、アイリク・ラウデ、ロビン・シュルコフスキー)
 ルツェルン交響楽団
 ジョナサン・ノット(指揮)

 録音:2011年3月16,17日/ルツェルンKKL(1)、2008年12月3,4日/公開コンサートのライヴ(2)
HMV.co.jp より)

おすすめ度:★★★★

このアルバムは「栄光のパーカッション Glorious Percussion」のほうがメインだと思う。協奏曲「栄光のパーカッション」は基本的にグバイドゥーリナが過去に用いたイディオム(音形や音色)からなると思う。よって、グバイドゥーリナのイディオムを嫌う人にはこのアルバムをおすすめしない。

「グバイドゥーリナは若い頃から打楽器に興味を持っていた(Sofia Gubaidulina also has a long history of interest in percussion instruments.)」とリーフレットに書いてある。「栄光のパーカッション」は打楽器を主役にした点が特徴であり魅力である。しかし、この作品は、オーケストラの役割も大切である(ジョナサン・ノットの指揮はうまいと思う)。

「栄光のパーカッション」の24分あたりから音楽が、打楽器を中心に次第にゆっくりと盛り上がり、31分30秒あたりからはじまるカデンツァ(多分大太鼓)は大音量で聴くと快感である。その部分は音量を大きくして聴くとスピーカが壊れるかも知れない。

「この作品には、7つの打楽器ソロが挿入されている。その演奏の際、演奏者はオーケストラの前に歩み出て、音符無しの即興演奏を行う(In this work, the solo percussionists have seven episodes in which they step in front of the orchestra and improvise, without noted music.)」とリーフレットに書いてある。

「今この時の中で In tempus praesens」も良い演奏だが、これは、やはり、ムターに献呈された作品であり、しかも作曲者がレコーディングに立ち会っているので、ムター&ゲルギエフの演奏の方が、テクスチュアやニュアンスはグバイドゥーリナの意図に近いと思う。

Mutter_1
In Tempus Praesens Mutter Gergiev Lso 2008 年録音

Mutter_2
(C) Deutsche Grammophon

« 国家公務員給与削減法が成立/民主・自民・公明の3党は、今回の確認書に基づく国家公務員の給与削減によって、およそ6000億円の復興財源が捻出できるとして、今月中の法案成立を目指す/前原氏 給与削減で早期合意を/国と地方は、公務員の賃金を7.8%カットして、被災者のためのお金を作って下さい/公務員は、賃金カットを受け入れて下さい | トップページ | 東日本大震災(「福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書」アマゾンにて予約受付開始/「報告書の発売のお知らせ」/「入手方法につきまして」/この報告書が出たのだから国と東電は原発事故被害者への賠償を急ぐべきだ/『100%安全なのに、なぜ対策を行わなければならないのか』という空気が広がっていた/SPEEDI“存在も知らず”/枝野経済産業大臣は「東京でも避難が必要になるという『悪魔の連鎖』が起きるおそれがあると思った」「こうしたシナリオは官邸で共有されていた」 »

グバイドゥーリナ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/44326112

この記事へのトラックバック一覧です: グバイドゥーリナ作曲「今この時の中で」「栄光のパーカッション」:

« 国家公務員給与削減法が成立/民主・自民・公明の3党は、今回の確認書に基づく国家公務員の給与削減によって、およそ6000億円の復興財源が捻出できるとして、今月中の法案成立を目指す/前原氏 給与削減で早期合意を/国と地方は、公務員の賃金を7.8%カットして、被災者のためのお金を作って下さい/公務員は、賃金カットを受け入れて下さい | トップページ | 東日本大震災(「福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書」アマゾンにて予約受付開始/「報告書の発売のお知らせ」/「入手方法につきまして」/この報告書が出たのだから国と東電は原発事故被害者への賠償を急ぐべきだ/『100%安全なのに、なぜ対策を行わなければならないのか』という空気が広がっていた/SPEEDI“存在も知らず”/枝野経済産業大臣は「東京でも避難が必要になるという『悪魔の連鎖』が起きるおそれがあると思った」「こうしたシナリオは官邸で共有されていた」 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ