« セリーヌ・モワネの「無伴奏オーボエ作品集」 | トップページ | John Coltrane Interstellar Space »

2012年2月28日 (火)

ジェズアルド作曲/シャリーノ編曲『ガラスを通して聞こえる声』 シャリーノ作曲『無限の闇』

Sciarrino

SALVATORE SCIARRINO (*1947)
Le voci sottovetro
Infinito nero

(01) Salvatore Sciarrino / Carlo Gesualdo (1561 - 1613)
Le voci sottovetro (1999) Gagliarda del Principe di Venosa 1:41
(02) Torquato Tasso(1544 - 1595)
Lettere poetiche (1583) A Girolamo Mercuriale, Padova 3:50
(03) Salvatore Sciarrino / Carlo Gesualdo
Le voci sottovetro, Tu m'uccidi, o crudele 3:27
(04) Torquato Tasso
Lettere poetiche (1585) A Maurizio Cataneo, Roma 5:01
(05) Salvatore Sciarrino / Carlo Gesualdo
Le voci sottovetro Canzon francese del Principe 4:47
(06) Torquato Tasso
Lettere poetiche (1586) A Giovan Battista Cavallara 2:28
(07) Salvatore Sciarrino / Carlo Gesualdo
Le voci sottovetro Moro, Lasso 4:41
(08) Salvatore Sciarrino
Infinito nero Estasi di un atto (1997-98) 26:39

(01) ガラスを通して聞こえる声 - ヴェノーサ公爵のガイヤルド(ジェズアルド作曲/シャリーノ編曲/器楽曲)1:41
(02) 詩的な手紙 - パドヴァのジローラモ・メルクリアーレ宛(タッソーの手紙の朗読)3:50
(03) ガラスを通して聞こえる声 - あなたはわたしを殺す、おお、残酷な人よ(ジェズアルド作曲/シャリーノ編曲/声楽曲)3:27
(04) 詩的な手紙 - ローマのマウリツィオ・カターネオ宛(タッソーの手紙の朗読)5:01
(05) ガラスを通して聞こえる声 - 王子のフランスの歌(ジェズアルド作曲/シャリーノ編曲/器楽曲)4:47
(06) 詩的な手紙 - カヴァッラーラのジョヴァン・バッティスタ宛(タッソーの手紙の朗読)2:28
(07) ガラスを通して聞こえる声 - 苦しみ、もだえ(ジェズアルド作曲/シャリーノ編曲/声楽曲)4:41
(08) 無限の闇(シャリーノ作曲/声楽曲)26:39

TT: 52:45

Sonia Turchetta, mezzosorano
Carlo Sini, rezitation
ensemble recherche
Recording: 1998 / 99
KAIROS

このアルバムは、第1曲から第7曲までは、シャリーノが編曲したジェズアルドの作品と、トルクァート・タッソー(Torquato Tasso 1544 - 1595)の手紙の朗読(イタリア語)が、交互に収録されている。

(ジェズアルドの原曲は上記ユーチューブで一部聴くことができます)

「ガラスを通して聞こえる声」と名付けられたジェズアルドの作品集と、タッソーの手紙に、どういう関係があるのか、正直言って私には分からない。リーフレットに、タッソーの手紙の英語訳が付いているがよくわからない。

だが、ウィキペディアに、

しかし(タッソーは)『解放されたエルサレム』の内容が異端と見られることを恐れ、一部を書き改めたが、そのことを心痛し精神に異常を来し、公によって1577年に幽閉された。一度脱出したが再び聖アンナ病院に収容され、7年間を過ごした(1579年 - 1586年)ウィキペディアより

とあるので、このアルバムに取り上げられたタッソーの手紙は、彼が精神に異常を来し幽閉されていたときに書かれたものであることが分かる。

--

第8曲「無限の闇」は管弦楽伴奏(8人)を伴うある種のオペラである(ソプラノ独唱)。なぜなら、歌詞に演技やジェスチャーの指示が付いているからである。
歌詞はシャリーノによる。

その歌詞は、サンタ・マリア・マッダレーナ・デ・パッツィ(Saint Maria Magdalene de Pazzi 1566 - 1607) が残した言葉に基づきシャリーノが書いたものである。マリア・マッダレーナ・デ・パッツィは著書を残していないらしい。シャリーノがもとにしたのは、彼女が宗教的なエクスタシー(霊的体験)のときに発した言葉であり、それは口述筆記されたものらしい。「無限の闇」の歌詞ドイツ語訳がリーフレットに付いている(英語訳は付いていない)が、その歌詞はそれほど難しい内容ではない。ある種の幻覚の際に発せられた「うわごと」のようなものに思える(イタリア語が堪能な方は下記をご参照ください)。

シャリーノ曰く:

She did not "speak" - words actually shot out of her like a machine gun and then she fell silent for a long period.
That is really a crazy situation, a very direct form of pathology.
「彼女は話さなかった。彼女の言葉は機関銃を撃つように発せられた。そのあと彼女は長い期間、沈黙した。
それは本当に狂ったシチュエーションであり、まさに典型的な病理の現れである」

--

私がこのアルバムに興味を抱いたきっかけは、第8曲「無限の闇」を kairos-music.com で試聴したことであった。その奇妙な歌唱に魅力を感じたからであった。

なんだか私は最近、よく分からない音楽(あるいは気味の悪い音楽)に惹かれる。
繰り返すが、このアルバムは全部イタリア語で歌われ語られているので、イタリア語が堪能な方は、このアルバムを深く理解することができ、そしてその真の魅力を味わうことができるのかも知れない。

l'anima si trasformava nel sangue, tanto da non intendere poi altro che sangue, non vedere altro che sangue, non gustare altro che sangue, non sentire altro che qangue, non pensare altro che di sangue, non potere pensare se non di sangue. E tutto ciò che operava la sommergeva e profondava in esso sangueinfluirsi influssi influiva rinfluiva e il sangue influiva rinfluiva influssi rinfluire rinfluiscerinfluisce influssi rinfluivono influssi rinfluivono superesaltandoallora il Santo mi versò sul capo un vaso e il sangue mi coperse tutta. Anche la Santa versò. Il latte mescolandosi col sangue mi fa una bellissima veste. Obumbrata la facciao, o, o (silenzio) o, o, o (sil.)o se le piante potessino avere amore, non griderebbero altroo, io non lo so (sil.)timui timore amoris. Timui timore amoris. Timui timore amoris (sil.)ma dillo, ma dillomors intravit per fenestras. Ma tu perchéfigure immagini e facce, aspirazione, inspirazione e respirazione in te (sil.)vienisul corpo tuo aperture a noi incognite. Usci, finestre, buche, celle, forami di cielo, caverne. Senza fondo stillanti. Sono le piaghe dentro cui mi perdovieni, vienicon la corona : le sue spine, lunghe, trapassano il Padre Eterno in cieloegli scrive su di me con il sangue. Tu con il latte della Vergine. Lo Spirito con le lagrimevieninon si aprino le nuvole, si bene il vergineo ventre (sil.) si mavieni, vieni, deh, vieni, o, vieni vieni (sil.)ohimé, vivendo muoio (sil.) o, o, o (sil.)(stando un poco si pone a sedere)orsù eccomi in terra (sil.) non posso ir più giù io (sil.) et sì (sil.) o savia pazzia (sil.)(aprendosi nelle braccia tutta si rilassa, ferma ferma. E poi comincia a divincularsi : gesti e moti che pare si consumi, per un pezzo)io non intendo (sil.) è meglio il tuo, sì, sì (sil.) ohimé (sil.) tu sei senza fine, ma io vorrei veder in te qualche fine

Salvatore Sciarrino nach Maria Maddalena de' Pazzi

【Amazon.de へのリンク】
Salvatore Sciarrino: Infinito Nero / Le Voci Sottovetro
全曲試聴できます。

【2012−2−29 追加】
いま気づいたが、この演奏は指揮者がいない。


« セリーヌ・モワネの「無伴奏オーボエ作品集」 | トップページ | John Coltrane Interstellar Space »

シャリーノ, サルヴァトーレ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/44285674

この記事へのトラックバック一覧です: ジェズアルド作曲/シャリーノ編曲『ガラスを通して聞こえる声』 シャリーノ作曲『無限の闇』:

« セリーヌ・モワネの「無伴奏オーボエ作品集」 | トップページ | John Coltrane Interstellar Space »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ