« モノローグ〜20世紀チェコの無伴奏ヴィオラ作品集 ホスプロヴァー | トップページ | 東日本大震災(プランクトンから高濃度セシウム) »

2011年10月14日 (金)

フィリップ・マヌリ作曲 合唱作品集「インハーモニーズ」ほか

Inharmonies

Philippe Manoury (né en 1952)
1. Fragments d'Héraclite 2002-2003 [12' 01]
2. Inharmonies 2008 [7' 54]
3. Slova 2001-2002 [17' 49]
4. Trakl Gedichte 2006 [9' 27]
Accentus
Laurence Equilbey, conductor
Recorded live in 2 concerts at the opéra de rouen haute-normandie, 16 October 2009 and 4 June 2010
Naïve

【HMV.co.jp へのリンク】
フィリップ・マヌリ:合唱作品集 エキルベイ&アクサンチュス

HMV.co.jp のレビューに追加して
これは、マヌリとアクサンチュスのコラボレーションであり、アクサンチュスの優れた合唱能力とロランス・エキルベイの指揮は聴きごたえがある。しかし、合唱曲なら、歌われている内容は大事なはずであるが、これら4曲の詩的テーマを私は理解できなかった(「Slova」の歌詞はこの作品のために書かれたらしい)。これら4つの作品は詩にこだわることなく、音(人間の声)を聴くべきなのだろう(それなら、SACD にして欲しかった)。「Slova は拡大された第1楽章、スケルツァンド、アダージョからなり、マーラーの交響曲的である」とマヌリ自身がブックレットに書いている。Slova はチェコ語で歌われている。Slova のアダージョは例外的に宗教的な響きがある。この作品だけはストーリー性があるような気がするが私はそれを理解できなかった。

この CD の1曲目と3曲目は打楽器が演奏されるが、それらは歌手自身によって演奏される。その他の曲は無伴奏合唱曲である。

« モノローグ〜20世紀チェコの無伴奏ヴィオラ作品集 ホスプロヴァー | トップページ | 東日本大震災(プランクトンから高濃度セシウム) »

マヌリ, フィリップ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/42522406

この記事へのトラックバック一覧です: フィリップ・マヌリ作曲 合唱作品集「インハーモニーズ」ほか:

« モノローグ〜20世紀チェコの無伴奏ヴィオラ作品集 ホスプロヴァー | トップページ | 東日本大震災(プランクトンから高濃度セシウム) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ