« 自分が火事を客観的にとらえていなかったことを再認識する/火災を追体験して悪夢を克服しなければならない | トップページ | 【注意】台風15号は、これから33時間で一気に北海道に到達する。こんなに速い速度で、台風が、かけ抜ける場合、雨風はとてつもない。テレビのニュースが予測するのより遥かに大きな被害が予想される 想定外の被害が起こる可能性が大きいと思う/西日本・東海 土砂災害の危険/台風はしだいに速度を上げて九州の南の海上を北東へ進み、21日は西日本や東日本にかなり接近し、上陸するおそれがあります »

2011年9月20日 (火)

スザンナ・マルッキ指揮 ブルーノ・マントヴァーニ作曲「7つの教会 (2002)」ほか

Le_sette_chiese

ブルーノ・マントヴァーニ(Bruno Mantovani 1974 - )
7つの教会 Le Sette Chiese (2002) [40' 17]
ストリート Streets (2007) [15' 01]
月の閃光 Eclair de Lune (2006) [20' 45]
IRCAM / Ensemble Intercontemporain
Susanna Mälkki, conductor
Recording: 2007
KAIROS

これは、「月の閃光」のみが良い。

「7つの教会」は標題音楽なのだが、その標題と音楽がうまくつながっていない。マントヴァーニの解説を読んでも、標題の意味、標題と音楽の関係は、正直言って私にはわからん。

「ストリート」は、マントヴァーニ自身が「私の音楽言語におけるラディカルな『問い』である」と言ってる割には、ラディカルじゃないし、やはり面白くない。

「月の閃光」は、「ピアノ・ソナタ」「生楽器のアンサンブルとエレクトロニック」「3つのブリキの太鼓のための協奏曲」であり、それら3つのグループが空間的に割り当てられた作品(a study on the spatial distribution of instrumental groups)であり、シンプルで聴きやすいし面白い。この曲でピアノを弾いている Hideki Nagano という人は、うまいと思う。

スザンナ・マルッキの指揮は、どの作品も丁寧で悪くないが、「7つの教会」は、ジャズのドラマーを使ったほうが良かったのではないだろうか。

【追加】
ブルーノ・マントヴァーニ(1974 - )は、2010年8月2日より、36歳と言う異例の若さでパリ国立高等音楽・舞踊学校院長に就任した(ウィキペディアより)

« 自分が火事を客観的にとらえていなかったことを再認識する/火災を追体験して悪夢を克服しなければならない | トップページ | 【注意】台風15号は、これから33時間で一気に北海道に到達する。こんなに速い速度で、台風が、かけ抜ける場合、雨風はとてつもない。テレビのニュースが予測するのより遥かに大きな被害が予想される 想定外の被害が起こる可能性が大きいと思う/西日本・東海 土砂災害の危険/台風はしだいに速度を上げて九州の南の海上を北東へ進み、21日は西日本や東日本にかなり接近し、上陸するおそれがあります »

マントヴァーニ, ブルーノ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/41835894

この記事へのトラックバック一覧です: スザンナ・マルッキ指揮 ブルーノ・マントヴァーニ作曲「7つの教会 (2002)」ほか:

« 自分が火事を客観的にとらえていなかったことを再認識する/火災を追体験して悪夢を克服しなければならない | トップページ | 【注意】台風15号は、これから33時間で一気に北海道に到達する。こんなに速い速度で、台風が、かけ抜ける場合、雨風はとてつもない。テレビのニュースが予測するのより遥かに大きな被害が予想される 想定外の被害が起こる可能性が大きいと思う/西日本・東海 土砂災害の危険/台風はしだいに速度を上げて九州の南の海上を北東へ進み、21日は西日本や東日本にかなり接近し、上陸するおそれがあります »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ