« 東日本大震災(原発事故による東京電力への賠償請求で、補償金の受け取りには「受領後は異議を申し立てない」と書かれた合意書への署名が必要になっている/ばかげている。 東電が値切れば、泣き寝入りか) | トップページ | 東日本大震災(岩手の仮設住宅、防火対策追いつかず/「棟続きの仮設住宅で火災が起きたら、あっという間に燃え広がってしまう」) »

2011年9月30日 (金)

河村尚子の「ショパン:ピアノ・ソナタ 第3番」

Hisako

シューマン:フモレスケ 変ロ長調 作品20 [28' 36]
ショパン:ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 作品58 [28' 56]
シューマン〜リスト編:献呈(愛の歌)S. 566 [3'32]
河村尚子(ピアノ)
Piano: Steinway
2011 年録音、ベルリン、イエス・キリスト教会
RCA
SACD Hybrid

これは非常に気に入った。

技巧に秀でているが激しい演奏ではない・・・私にはクールに聞こえる。論理的。

「フモレスケ」のほうは全然知らない曲なのでノーコメント。

ショパンのソナタのほうは、河村の演奏を聴いたのをきっかけに、そもそもこの作品はどんな構造になっているのか知りたくなり、「ショパン (作曲家別名曲解説ライブラリー) 音楽之友社」の「ピアノ・ソナタ 第3番」の頁を初めて読む:

第2楽章、スケルツォからトリオは、変ホ=嬰ニのエンハーモニックで変ホ長調からロ長調に転じる
第3楽章のラルゴは前の楽章の変ホ音をエンハーモニックにより嬰ニ音で受けて始まる4小節の序奏でロ長調が確立
第4楽章ロンドの主題(A)は、再現のたびに伴奏音型が細かく華やかになる

上記を、私は全然知らなかった。ショパンの「ピアノ・ソナタ 第3番」は面白い曲であることを私は初めて知った(スコアを買いたくなった)。

河村は、過度な sostenuto、過度な cantabile はしない。その代わり楽想の変化、転調(第1楽章の展開部、第3楽章中間部、フィナーレ)は絶妙で、知的である。彼女の演奏は論理的。やはり彼女は音楽を組み立て、音楽を構築することに秀でている。

« 東日本大震災(原発事故による東京電力への賠償請求で、補償金の受け取りには「受領後は異議を申し立てない」と書かれた合意書への署名が必要になっている/ばかげている。 東電が値切れば、泣き寝入りか) | トップページ | 東日本大震災(岩手の仮設住宅、防火対策追いつかず/「棟続きの仮設住宅で火災が起きたら、あっという間に燃え広がってしまう」) »

ショパン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/42127753

この記事へのトラックバック一覧です: 河村尚子の「ショパン:ピアノ・ソナタ 第3番」:

« 東日本大震災(原発事故による東京電力への賠償請求で、補償金の受け取りには「受領後は異議を申し立てない」と書かれた合意書への署名が必要になっている/ばかげている。 東電が値切れば、泣き寝入りか) | トップページ | 東日本大震災(岩手の仮設住宅、防火対策追いつかず/「棟続きの仮設住宅で火災が起きたら、あっという間に燃え広がってしまう」) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ