« ジャチント・シェルシの『やぎ座のうた』新盤 | トップページ | フランク・マルタンのオラトリオ「ゴルゴタ」その1 »

2011年2月 1日 (火)

ショパン増刊号

Chopin

ショパン増刊 第16回ショパン国際ピアノコンクール 2011年 01月号 [雑誌]

Amazon.co.jp で発売と同時に品切れになっていたが、また在庫ありになったので購入。

付録の CD を聴くと、たしかに、レベルの高いコンペティションだったことが分かる。私は、2位のヴンダーより、3、4位のトリフォノフとボジャノフが気に入った。優勝者のユリアンナ・アヴデーエヴァはヤマハを弾いている(とうとう、ヤマハが1位になってしまった)。1位から5位までの6人のうち(2位が二人)ヤマハが2人、スタインウェイが2人、ファツィオリが2人。

「なぜ日本勢はふるわなかったか!?」という記事と「結果に対するポーランド・メディアの反応」が面白かった。後者ではポーランドの新聞に醜いカットで写されたアヴデーエヴァの写真が見える(目をつぶった写真とか)。アヴデーエヴァは、ポーランド人には嫌われているのだろう。

アヴデーエヴァは私の好みに合う。彼女の「幻想ポロネーズ」は前半はつまらないが、同曲の 7' 00 あたり(中間部)からフィニッシュまでの彼女の演奏に私は吸い込まれてしまった。審査員長ヤシンスキのコメント「(アヴデーエヴァは)音と音の間でも大きな意図を表現できていた」というのは、そのとおりだと思った。

ショパンは19世紀において前衛的な作曲家であった。しかも、極めて高度な演奏技術と強烈な個性を持つピアニストであった。そのことを私は、アヴデーエヴァの演奏を聴いて、再認識させられたような気がする。ショパンを演奏するには、いままでになかった何かが要求される時代になったように思える。その意味では、彼女のショパンコンクール優勝は、世界中のピアニストをびびらせただろう。

« ジャチント・シェルシの『やぎ座のうた』新盤 | トップページ | フランク・マルタンのオラトリオ「ゴルゴタ」その1 »

ショパン」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/38695223

この記事へのトラックバック一覧です: ショパン増刊号:

« ジャチント・シェルシの『やぎ座のうた』新盤 | トップページ | フランク・マルタンのオラトリオ「ゴルゴタ」その1 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ