« 中古の Stirling HW | トップページ | ハーンのヒグドン »

2010年10月14日 (木)

曽根麻矢子のゴルトベルク

Goldberg

曽根麻矢子のゴルトベルク変奏曲

Harpsichord by David Ley (2005) after Johann Heinrich Gräbner, Dresden 1739
[録音]2008年9月6日〜8日 パリ音楽院スタジオ

9ヶ月間、オーディオなしの生活をしてきた私には、優秀録音の SACD で聴く曽根麻矢子の二つの大作は、まるで長期間の飢えを満たし乾きを潤すかように聞こえるのかも知れないが、これも平均律と同様に良い。

「以前の曽根麻矢子なら、第25変奏のあとは、一気に猛スピードで最終変奏まで突っ走る」と私は思って聴いてみたところ、第26変奏以降を聴いて「あれっ、普通だな」と思ってしまった。クオドリベットを聴いたあとは「もう一度聴きたい」と思わされてしまって、第26変奏以降をもう一度確認のために聴いてしまった私であった。私はゴルトベルクを多数聴いたが、こんなことは初めてだ。

それにしても、曽根はみずから、この商品のリーフレットに

「繰り返し」は本当は全て録音しましたが(中略)CD 1 枚に収まらない!(中略)ということで、ところどころ繰り返しをカットしています(中略)でも録音中にその事実に気付いていたら、テンポをわざと速くしなければならなかったので、かえって気が付かなくて良かった(笑)

と、書いているが、こんなこと書いたらリスナーに悪い印象を与えると彼女は思わなかったのだろうか。こんな演奏家初めてだ。と い う こ と で、ますます気に入った。

« 中古の Stirling HW | トップページ | ハーンのヒグドン »

バッハ, ヨハン・ゼバスティアン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/37235864

この記事へのトラックバック一覧です: 曽根麻矢子のゴルトベルク:

« 中古の Stirling HW | トップページ | ハーンのヒグドン »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ