« 曽根麻矢子のゴルトベルク | トップページ | ポッジャーのバッハ(ヴァイオリン協奏曲集) »

2010年10月15日 (金)

ハーンのヒグドン

Hahn

Jennifer Higdon
Violin Concerto
Pyotr Ilyich Tchaikovsky
Violin Concerto
Hilary Hahn, violin
Royal Liverpool Philharmonic Orchestra
Vasily Petrenko, conductor
2008 / 09 録音

最初にチャイコフスキーを聴いてみたら、全然面白くなかったので、ハーンも衰えたかと思ったが、ヒグドンが面白かった。
ヒグドン初演は、ハーンが、メイヤーを初演したアルバムの延長線上にあると思う。

【2010年11月6日 追記】
ベートーヴェンの論理的な Vn 協奏曲はハーンに合うが、チャイコフスキーの Vn 協奏曲のような非論理的な作品は合わないのではないかと思う。
彼女は、情念をクールにストイックに表現できる演奏家だが、このチャイコフスキーにはそれが感じられない。
ところで、第1楽章提示部と再現部コーダ前の三連符で、彼女は、重音でテンポを落としているが、なぜ、そうしないといけないのか。それは無意味だと思う。

この録音はノーカット版を売り物にしているが、最近のチャイコフスキー録音は、ほとんどノーカット版じゃないのか? 違いますかね?

« 曽根麻矢子のゴルトベルク | トップページ | ポッジャーのバッハ(ヴァイオリン協奏曲集) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/37217736

この記事へのトラックバック一覧です: ハーンのヒグドン:

« 曽根麻矢子のゴルトベルク | トップページ | ポッジャーのバッハ(ヴァイオリン協奏曲集) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ