« 曽根麻矢子の平均律第1巻 | トップページ | 新居の生活には、まだまだ慣れません。 »

2010年10月13日 (水)

ラズモフスキー1番聴き比べ

もともと、ラズモフスキー1番が嫌いな私が、ざっと聞いてみただけなので以下は、あまり参考にしないで下さい。

Prazak

プラジャーク四重奏団
非常に音が良いので、私の部屋で大音量で聴くと感動。
しかし、ヴィオラの音が、よく聞こえない。
テンポ速い。

<img

バルトーク四重奏団
録音が古いので分が悪い。やはり、ヴィオラが聞こえない。
テンポ速い。

Vegh

ヴェーグ四重奏団
テンポが遅い(というかこれが普通のテンポか)
意外に面白くない。

Leipziger

ライプチヒ弦楽四重奏団
速いテンポ。やっと、ヴィオラが聞こえた。
ラズモフスキー1番が嫌いな私は、ライプチヒ弦楽四重奏団のあっさり系の演奏が気に入った。その上面白い。

« 曽根麻矢子の平均律第1巻 | トップページ | 新居の生活には、まだまだ慣れません。 »

ベートーヴェン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/37198909

この記事へのトラックバック一覧です: ラズモフスキー1番聴き比べ:

« 曽根麻矢子の平均律第1巻 | トップページ | 新居の生活には、まだまだ慣れません。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ