« ティーレマンのブルックナー8番 | トップページ | 衝撃的な報告をしなければなりません(名器 Stirling HW) »

2010年8月 9日 (月)

メルニコフのショスタコーヴィチ

Melnikov

Shostakovich
The Preludes & Fugues
Alexander Melnikov, piano
Enregistrement mai & décembre 2008, mars 2009, Teldec Studio Berlin
harmonia mundi s. a.

これは非常に気に入った。

いままで私が聴いた「ショスタコーヴィチの 24 の前奏曲とフーガ 作品 87」の中では最も退屈しなかったジェニー・リンの演奏も途中で少し退屈したが、これはまったく退屈しない。この作品は、C と Am、G と Em という平行調が 12 組のセットをなしていると聴けば、退屈しないということが今更分かった。メルニコフは、ハ長調を「序」として静かに弾く。そしてイ短調を、ハ長調とは対照的な「強い勢い」「高度な技巧」で演奏している。そのコントラストは、ハ長調の「静」に対するト長調の「強い打鍵」にも聴かれる。そして、そのようなコントラストは、全曲に貫かれている。よって、退屈しない。私は、上記「平行調が12組」という「作品 87」の構成に、メルニコフによって今更ながら気づかされた。

この作品は、語り、つぶやき、ささやき、そして歌謡(歌)の要素が強いということも分かった【注1】。いまは手元に資料がないから分からないが、この作品は何とかいうロシア民族歌唱法(だったかな)の手法を取り入れている。その点が、バッハの平均律とまったく違う点であろう【注2】。バッハの平均律の中にも、スイングシンガーズ(だったかな)がスキャットで歌ったり、ある人が「初音ミク」に歌詞をつけて歌わせたり、歌おうと思えば歌える曲がある。しかし、リスナーはやはり、バッハの平均律に器楽的技巧を高度に求めるだろう。それに対し「ショスタコーヴィチの作品 87」は語り部による語りにも聞こえる。技巧も大事だが、語りがより大事である。メルニコフの演奏はその語りがよく、その流れがよい【注3】。そして、技巧的にも無理がない。

私は、上の意味でバッハの平均律と「ショスタコーヴィチの作品 87」の違いが分からなかったから「ショスタコーヴィチ:24の前奏曲とフーガ 作品87という作品は作品自体に、どこか欠点があるような気がする。すなわち、バッハの平均律に比べれば、面白くない」と思っていたが、それは間違いだった。

【注1】純器楽的な曲もある・・・というより各曲はそれぞれ性格豊かである。しかし、要は平均律の前奏曲はインヴェンションであったりソナタであったり舞曲であったりするが、ショスタコの「作品 87」はそうではない。

【注2】作品 87 は、器楽が人間の肉声を模倣しているという点において、そのような性格をまったく持たないショスタコの Vn 協奏曲第 1 番や一部の弦楽四重奏曲とは違う聞き方をしなければならないと思う。そしてこの作品の魅力はやはり濃厚な民族色だと思う。

【注3】8月14日追記
「ショスタコーヴィチの作品 87」全曲の流れがよいので、メルニコフの演奏も流れがよい、というべきだった。

【HMV.co.jp へのリンク】
ショスタコーヴィチ:24の前奏曲とフーガ全曲 メルニコフ(2CD+DVD)

【MDT.co.uk へのリンク】
SHOSTAKOVICH Complete Preludes & Fugues. Alexander Melnikov. Harmonia Mundi 2cds + DVD

« ティーレマンのブルックナー8番 | トップページ | 衝撃的な報告をしなければなりません(名器 Stirling HW) »

ショスタコーヴィチ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

あ、これはよさげですね。前のシャオメイといい、KMさんのおかげで新たに発見するCDがたくさんです。いつか買うかも。最もここ何ヶ月もCD買うどころか音楽聴くすらしてませんが・・・。このCDはチェック入れておきます。また面白いCD教えてくださいー

私は、猫大好きさんに、メジューエワのベートーヴェンが良いということを教えてもらったような気がします。メジューエワって、むしろ、美人であることで、ミーハーピアニストであるとの誤解されるのではないかと心配されるほど。
うまいし、個性的な人だと思います。

メジューエワはCD店の店頭で流れててあまりによかったので驚いた記憶があります。ニコライ・トカレフの(これは美少年系)プロコだかラフマだかもたまたま聴いたらすさまじかった。やはり(音楽に限りませんが)なんでも自分の意図だけで物事を捕まえようとせずに偶然の出会いというのは大事ですね。またこちらも面白いCDが見つかったら報告しますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/36096278

この記事へのトラックバック一覧です: メルニコフのショスタコーヴィチ:

« ティーレマンのブルックナー8番 | トップページ | 衝撃的な報告をしなければなりません(名器 Stirling HW) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ