« 人間国宝 ユゲット・ドレフュス(Huguette Dreyfus)の平均律第1巻 | トップページ | 2010 年(前半)に私が購入した CD ベスト 10 »

2010年7月 6日 (火)

レオンスカヤのベートーヴェン

Leonskaja

Beethoven
Piano Sonatas Op 109 - 111
Elisabeth Leonskaja
Steinway D, 1901
Recording: 2009
MUSIKPRODUKTION
DABRINGHAUS UND GRIMM
Hybrid SACD

レオンスカヤのベートーヴェンは「巨匠的」で、過去の多くの巨匠たちの演奏を思わせるが、私には面白くない。私には、メジューエワの新鮮な演奏のほうが面白い。後者は(良い意味で)私の左の耳から右の耳に抜けて行く。しかし、メジューエワの弾くベートーヴェンのイメージは程良く私の脳裏に残る。それが本当に程良く心地よい。

ありきたりに言えば、前者レオンスカヤは古くさく、後者メジューエワは新しい。メジューエワの作品111の第2楽章は怖いもの知らずというか、批判に晒されない立場にあるのが有利というか、もっと安易に言えば、巧すぎるレオンスカヤのほうが「重さ」を感じるのに対し、メジューエワのは気楽に弾いているように聞こえるし気楽に聴ける。重くない。そして両者の音の違いは「腕の筋肉」または「腕の筋肉の使い方」の違い、つまり「ピアニストとして受けた教育の違い」

・・・と勝手に想像する私であった。

« 人間国宝 ユゲット・ドレフュス(Huguette Dreyfus)の平均律第1巻 | トップページ | 2010 年(前半)に私が購入した CD ベスト 10 »

ベートーヴェン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/35652148

この記事へのトラックバック一覧です: レオンスカヤのベートーヴェン:

« 人間国宝 ユゲット・ドレフュス(Huguette Dreyfus)の平均律第1巻 | トップページ | 2010 年(前半)に私が購入した CD ベスト 10 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ