« 衝撃的な報告をしなければなりません(顔色が悪くなった) | トップページ | 人間国宝 ユゲット・ドレフュス(Huguette Dreyfus)の平均律第1巻 »

2010年7月 4日 (日)

シュテンツのマーラー5番

Stenz

Mahler
Symphonie Nr. 5
Markus Stenz
Gürzenich - Orchester Köln
Programme sheet of the first performance of Mahler's Symphony No. 5
Recorded January 26 - 29, 2009
OEHMS CLASSICS
Hybrid SACD

これも、iMac で一度聴いただけなので確信的なことは言えないが・・・

シュテンツのマーラー5番は、初演時のスコアを演奏しているという点で、他の演奏と差別化している。しかし、この演奏はド派手で、演奏自体が「unusual」に思えるというのが、私の第一印象。

全曲を通して、所々、面白い音が聞こえる(第5楽章における第4楽章の再現で弦が変なグリッサンドしてるみたい)。

第4楽章までは、テンポの揺れ、楽器の鳴らし方が新鮮で、新しいマーラー演奏として面白かったが、私が最も重要な楽章だと重視している「第5楽章」は面白いというよりドタバタして、とにかく騒がしい。サーカスの曲芸みたい。船酔いしそう。

論理的でない、結局、何を言いたいか、わからないというのが、この人のマーラーの大欠点だろうと思う。

この人のマーラーは、私の新しいマーラーコレクションに入れないだろう。

« 衝撃的な報告をしなければなりません(顔色が悪くなった) | トップページ | 人間国宝 ユゲット・ドレフュス(Huguette Dreyfus)の平均律第1巻 »

マーラー」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/35637126

この記事へのトラックバック一覧です: シュテンツのマーラー5番:

« 衝撃的な報告をしなければなりません(顔色が悪くなった) | トップページ | 人間国宝 ユゲット・ドレフュス(Huguette Dreyfus)の平均律第1巻 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ