« シェーンベルクの弦楽四重奏曲第4番作品37の第1楽章(2) | トップページ | 衝撃的な報告をしなければなりません(消火の遅れ) »

2010年5月14日 (金)

ヤーコブスのモーツァルト

3841

Mozart
Symphonie Nº 38 "Prague" K. 504
Symphonie Nº 41 "Jupiter" K. 551
Recording: 2006

★★★★☆

3940

Symphonie No. 39 K. 543
Symphonie No. 40 K. 550
Freiburger Barockorchester
René Jacobs
Recording: 2008
harmonia mundi s. a.

★★★★★

HMV のレビューに「ジュピターのテンポの揺れが裏目に出ている」と書いてあるが、たとえば、ジュピター第1楽章提示部の結尾をゆっくり演奏しているのは、その部分が、展開部の主要な部分になっているからだろう(つまり「伏線」として強調するためにテンポを遅くしたと思う)。したがって、別に裏目に出ていると私は思わない。

長調の交響曲の第1楽章は、オペラの序曲のよう。
メヌエットは、ウィンナワルツのようにテンポが速い。そういうことを、フルトヴェングラーやブルーノ・ワルターなどの巨匠がやったら、文句は出なかっただろう。

ヤーコブスのモーツァルト:交響曲を聴くと、幸か不幸か、ベーム、レヴァインなどの古い音源への触手が伸びなくなった。私はそれらを失ったわけだが。

« シェーンベルクの弦楽四重奏曲第4番作品37の第1楽章(2) | トップページ | 衝撃的な報告をしなければなりません(消火の遅れ) »

モーツァルト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/34688536

この記事へのトラックバック一覧です: ヤーコブスのモーツァルト:

« シェーンベルクの弦楽四重奏曲第4番作品37の第1楽章(2) | トップページ | 衝撃的な報告をしなければなりません(消火の遅れ) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ