« 衝撃的な報告をしなければなりません(消火の遅れ) | トップページ | ジュリアード弦楽四重奏曲(1950 - 1952)のシェーンベルク »

2010年5月16日 (日)

プソフォス四重奏団のシェーンベルク

Psophos

Webern
Langsamer Satz M78
Berg
Lyrische Suite
Schoenberg
Quatuor nº 4 op. 37
Quatuor Psophos
Ayako Tanaka, violon
Bleuenn Le Maitre, violon
Cécile Grassi, alto
Ingrid Schoenlaub, violoncelle
Enregistré en novembre 2005, mars 2006
ZIG ZAG Territoires

この団体は、弦の音の線が細いように聞こえる。彼女らの「シェーンベルク:弦楽四重奏曲第4番」は、第 1 ヴァイオリニストの田中綾子の強いリーダーシップでまとめられたアンサンブルのように聞こえる。すなわち、他の奏者は、第 1 ヴァイオリンのリードに合わせているように聞こえる。

第 3 楽章冒頭のユニゾンは、非常に息があっている。それは、第 1 ヴァイオリン、第 2 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの4つの楽器によるユニゾンだが、彼女らのユニゾンは、もっと少ない楽器で演奏されているように聞こえるので、私はびっくりしてしまった。

この演奏は、私の好みに合う。

【追記】
Psophos は、ギリシャ語で、sonic event の意。

この CD の気味の悪い graphics は、L'atelier suspendu / GMG/9

« 衝撃的な報告をしなければなりません(消火の遅れ) | トップページ | ジュリアード弦楽四重奏曲(1950 - 1952)のシェーンベルク »

シェーンベルク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/34710448

この記事へのトラックバック一覧です: プソフォス四重奏団のシェーンベルク:

« 衝撃的な報告をしなければなりません(消火の遅れ) | トップページ | ジュリアード弦楽四重奏曲(1950 - 1952)のシェーンベルク »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ