« シモーネ・ヤングとティーレマンのブルックナー8番/2010年3月27日に、ティーレマン&ミュンヘン・フィルのブルックナー8番を聴きに行きました | トップページ | 衝撃的な報告をしなければなりません(吐き気/死恐怖) »

2010年4月24日 (土)

ハーゲン四重奏団のベートーヴェン

Hagen

Beethoven: Strichquartette Op. 18 Nr. 1, Op. 59 Nr. 1 Hagen.q

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の演奏で私のお気に入りは、ハーゲン四重奏団の演奏である。私がハーゲンQの演奏を好む理由は、テンポが速い、アンサンブルが良い、「過去に演奏されたベートーヴェン:弦楽四重奏曲の演奏」に挑戦するかのように斬新な演奏であること。

今回、手に入れたものの中では「作品131(第14番)」の最終楽章だけは、やり過ぎだと思うが、それ以外は気に入った。

しかし、それにしてもこの人たちは、いま、いったい何をやっているのだろうか。ベートーヴェンの全集は完成させず、ショスタコ全集も途中で中断したまま。

バルトーク全集は廃盤。

上記、作品18の1、ラズモフスキー1番も廃盤。作品18の4、作品131も廃盤。

今回それら廃盤を含め、私が手に入れたハーゲンQによるベートーヴェンの音盤は、

弦楽四重奏曲 作品18の1、作品59の1(2002/03録音)
弦楽四重奏曲 作品18の4、作品131(1996録音)
弦楽四重奏曲 作品127、作品132(2003/04録音)
弦楽四重奏曲 作品130、モーツァルト 5つの4声のフーガK.405、アダージョとフーガK.546(2000/01録音)

« シモーネ・ヤングとティーレマンのブルックナー8番/2010年3月27日に、ティーレマン&ミュンヘン・フィルのブルックナー8番を聴きに行きました | トップページ | 衝撃的な報告をしなければなりません(吐き気/死恐怖) »

ベートーヴェン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ベートーヴェンの四重奏の録音が新しく、他のレーベルからSACDとして発売されるようですね。
かなり個性的な表現で、奇抜さを狙った、演奏の映像を見るとそうは思えない。

どうとらえたら良いのだろう。 彼らのインタビューなどを見たくなります。

モカ様

コメントありがとうございます。

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第8番、モーツァルト:弦楽四重奏曲第16番、ヴェーベルン:5つの楽章、6つのバガテル ハーゲン四重奏団 Myrios Classics
http://www.hmv.co.jp/product/detail/4015059

これは、私も購入しようと思って、いったん、HMV.co.jp で、注文(予約)しましたが、その後キャンセルしました。

その理由は、最近、世の中が不安なので、私の財布が節約モードになって、私の購買意欲は萎(な)えているからです。

しかし、現在におけるハーゲンQの状態を知るために、いずれ購入しようと思います。購入したら、感想文を書きたいと思います。

ハーゲンの演奏を聞き直してみると、エネルギッシュ、シューマンには合っている。
 
日本の評論家が珍しく明白に拒絶していましたが、慣れると中期あたりまではなんとか、
おおこういう描写もあったかと楽しめるようになりました。

後期のCDのop.132などはまだどうも、でももう少し力が抜けるというか、浮遊感から独特の
境地に到達するのでは、と淡い期待があります。 webなどで見るとまだのようでした。

ラベルは面白いです。
http://www.youtube.com/watch?v=ehQMe57TPPM

モカさんは、ハーゲンQの演奏に対して、鋭いですね。敬服します。

私は代表的演奏(つまり、有名曲)しか聴いたことがありません。

モーツァルトの全集は、期待したにもかかわらず、良くないと思いました。

ハイドンの《太陽》は、非常に素晴らしい。
http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_35ba.html

バルトーク全集は、トロンボーン吹きさんの下記のレビューが参考になります。これは、廉価盤で出たので、注文しました(火事で焼けたので買い戻します)。

http://www.musicking.co.jp/mt/trb_cla/archives/02_cd/hargen_bartok.php

>後期のCDのop.132などはまだどうも

私は、ハーゲンQの「ベートーヴェン op.132 15番 イ短調」は、気に入ってます。

太陽四重奏は、聞いて居るほどに味わいがある曲ですね。

ハーゲンのCDは、図書館で借りて何度か聴いています。 
独特の演奏法に開眼していないからか、癖が目立たない
なかなか聴き応えのある印象でした。

シューマンは、ピアノの演奏の感覚が弦楽四重奏などにも反映されて
いるようで、アッタッカ(音楽は専門外です)がハーゲンの癖に
嵌っているなと思います。 嵌りすぎて聞きにくいかも知れません。

バルトークは、どこまで表現しているのか!
聞いてみたいです。 

モカ様

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第8番、モーツァルト:弦楽四重奏曲第16番、ヴェーベルン:5つの楽章、6つのバガテル ハーゲン四重奏団 Myrios Classics
http://www.hmv.co.jp/product/detail/4015059

上記、ハーゲンQのニューアルバムが、明日、手に入ります。
何らかの形で、感想を書きます。

モカ様

ハーゲンQのインタビュー訳と感想書きました。

http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/30-eec5.html

> ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第8番、モーツァルト:弦楽四重奏曲第16番、ヴェーベルン:5つの楽章、6つのバガテル ハーゲン四重奏団 Myrios Classics
> http://www.hmv.co.jp/product/detail/4015059
>
> 上記、ハーゲンQのニューアルバムが、明日、手に入ります。
> 何らかの形で、感想を書きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/34358036

この記事へのトラックバック一覧です: ハーゲン四重奏団のベートーヴェン:

« シモーネ・ヤングとティーレマンのブルックナー8番/2010年3月27日に、ティーレマン&ミュンヘン・フィルのブルックナー8番を聴きに行きました | トップページ | 衝撃的な報告をしなければなりません(吐き気/死恐怖) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ