« ウゴルスカヤのヘンデル | トップページ | シモーネ・ヤングとティーレマンのブルックナー8番/2010年3月27日に、ティーレマン&ミュンヘン・フィルのブルックナー8番を聴きに行きました »

2010年4月22日 (木)

ピーター・ヒルのシェーンベルク

Hill

Schoenberg
Berg
Webern
Piano Music
Peter Hill, piano
Recorded 1996
NAXOS

Alban Berg:
Sonata, Op. 1

Arnold Schoenberg:
Three Piano Pieces, Op. 11
Six Little Piano Pieces, Op. 19
Five Piano Pieces, Op. 23
Suite For Piano, Op. 25
Piano Piece, Op. 33A
Piano Piece, Op. 33B

Anton Webern:
Variations, Op. 27

シェーンベルクの作品25を聴いた限り、これは聴きやすくて分かりやすい演奏だと思う。

シェーンベルクのピアノ曲の演奏において「聴きやすくて分かりやすい」ということは得難いことではなかろうか。

たとえば、ジャズのリスナーにシェーベルクのピアノ曲を聴かせる時、私は、グールドやポリーニの演奏より、このピーター・ヒルを聴かせるだろう。つまり、この人の演奏は、ポリーニのように技巧に走らず(抽象的な書き方だが)グールドのような自我の表出もない。

この人の演奏は、静寂があるのが、私は好きだ。

(ヒルの演奏はなんとなくジャズっぽい雰囲気がある)

ーーー

猫大好きさんのお薦めと嗜好が、シュトイアーマン(Eduard Steuermann)とポール・ジェイコブス(Paul Jacobs)であるなら、私の嗜好は、このピーター・ヒルである。ポール・ジェイコブスは激し過ぎる。

この三者は、どれも良いと思う。

« ウゴルスカヤのヘンデル | トップページ | シモーネ・ヤングとティーレマンのブルックナー8番/2010年3月27日に、ティーレマン&ミュンヘン・フィルのブルックナー8番を聴きに行きました »

シェーンベルク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/34339160

この記事へのトラックバック一覧です: ピーター・ヒルのシェーンベルク:

« ウゴルスカヤのヘンデル | トップページ | シモーネ・ヤングとティーレマンのブルックナー8番/2010年3月27日に、ティーレマン&ミュンヘン・フィルのブルックナー8番を聴きに行きました »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ