« HMVジャパン | トップページ | 衝撃的な報告をしなければなりません(1) »

2010年1月 2日 (土)

ラグナ・シルマーのシュニトケ


Schnittke


ALFRED SCHNITTKE
Klaviersonaten Nr. 1, 2 & 3
Ragna Schirmer, Piano
Recording: Halle (Saale), Freylinghausensaal der Franckeschen Stiftungen, August 2000
Berlin Classics

米国アマゾンのレビューで評価が悪かったので、期待しなかったが、

(8 of 8 people found the following review helpful: 1.0 out of 5 stars:星1つの評価に対し8人中8人が参考になったと投票)

私は気に入った。といっても、私は、シュニトケという作曲家を聴くのは初めて。

こんなこと書いたら「君は現代音楽に弱いな」と、ご批判を受けそうだが、シルマーのシュニトケは、ポリーニのブーレーズより面白かった。

(ただし、シェーンベルクは、グールドよりポリーニの演奏のほうが私は好きだ)

ショパンやシューマンで無難な演奏を聴かせているシルマーは、シュニトケでは、作品に距離を置いた演奏をしているのかも知れない。

米国アマゾンのレビューによると、それ以前の問題が存するようだが・・・。

« HMVジャパン | トップページ | 衝撃的な報告をしなければなりません(1) »

シュニトケ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/32834369

この記事へのトラックバック一覧です: ラグナ・シルマーのシュニトケ:

« HMVジャパン | トップページ | 衝撃的な報告をしなければなりません(1) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ