« ラグナ・シルマーのショパンとシューマン | トップページ | ポリーニの平均律第1巻 »

2009年12月 7日 (月)

ムローヴァのバッハ:ヴァイオリン協奏曲


Mullova


Bach
Violin Concertos
3 Partitas
Viktoria Mullova, violin
François Leleux, oboe
The Mullova Ensemble
Recording: 1992 (BWV 1006), 1993 (BWV 1002, 1004), 1995 (Concertos)
PHILIPS

CD 1 Violin Concerto BWV 1041, 1042, 1056, Concerto for violin and oboe BWV 1060
CD 2 Partita for solo violin BWV 1002, 1004, 1006

ユリア・フィッシャーのバッハ:ヴァイオリン協奏曲で、私は、バッハ:ヴァイオリン協奏曲は、アンドリュー・マンゼとレイチェル・ポッジャー Rachel Podgerのが良いと書きましたが、いまは上記ムローヴァが気に入ってます。

« ラグナ・シルマーのショパンとシューマン | トップページ | ポリーニの平均律第1巻 »

バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/32517795

この記事へのトラックバック一覧です: ムローヴァのバッハ:ヴァイオリン協奏曲:

« ラグナ・シルマーのショパンとシューマン | トップページ | ポリーニの平均律第1巻 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ