« シュタインバッハーのベートーヴェン | トップページ | スティーヴン・レイトンのメサイア »

2009年11月24日 (火)

ラグナ・シルマーのゴルトベルク


Schirmer


Bach
Goldberg - Variationen BWV 988
Ragna Schirmer, Piano
Recorded: 1999
Berlin Classics

CD1 [41: 25]
1. Aria
2. - 16. Vatiratio 1 - Vatiratio 15

CD 2 [45: 45]
1. - 15. Vatiratio 16 - Vatiratio 30
16. Aria da capo

「もうゴルトベルクは買わない」といいながら、また買ってしまった。といっても、これは、ラグナ・シルマーというピアニストがどういう人か知るために、そして彼女の「ヘンデル: 鍵盤楽器のための組曲第1巻、第2巻(3cds)」を買うかどうか判断するために買った。結論をいえば、非常に気に入った。

このひとは、特に何もしていない。淡々とゴルトベルクを弾いている。それでいて、退屈させない。その理由は録音がいいからかも知れん。いま、第何変奏を弾いてるかも気にさせない。というか、どうでもよくなる。まあ、好みの問題でしょうね。しかし、繰り返すが、私は非常に気に入った。安いし。

« シュタインバッハーのベートーヴェン | トップページ | スティーヴン・レイトンのメサイア »

バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/32340756

この記事へのトラックバック一覧です: ラグナ・シルマーのゴルトベルク:

« シュタインバッハーのベートーヴェン | トップページ | スティーヴン・レイトンのメサイア »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

無料ブログはココログ