« ヒューイットのバッハ:パルティータ集 | トップページ | ヒューストン・オペラのポーギーとベス »

2009年8月30日 (日)

シモーネ・ヤングのブルックナー8番


Simone8


Anton Bruckner
Symphony No. 8 C minor
First version 1887
Simone Young
Philharmoniker Hamburg
Recorded live December 14 & 15, 2008, Laeishalle Hamburg

CD 1
1. Allegro moderato 16: 05
2. Scherzo 14: 37
CD 2
3. Adagio 27: 44
4. Finale 24: 10

Total 82: 36

同じ曲を集中的に聴いていると、感覚が麻痺するので、ブルックナー第8番を聴くのを私は中断していた。久しぶりに、シモーネ・ヤングのブルックナー第8番を私は聴いてみた。私の嗜好では、これが現在のベストだ。

ブルックナー第8番は初稿版が好きという私の嗜好からして、その条件でベスト盤を選ぶなら、選択肢は、インバル(1982年録音)、Georg Tintner(1996年)、Dennis Russell Davies(2004年)およびヤング盤しかない。

Georg Tintner のは聴くのが疲れる。Dennis Russell Davies は期待しなかった割に良かったが可もなく不可もない。インバルは、録音が古い・・・という主観的印象が消去法的にヤング盤へと私を導いた。そして、改めてヤング盤を聴いてみた。彼女は第3, 4楽章(それぞれ329小節、771小節もある)を巧くまとめ上げているので、気に入った。

シモーネ・ヤングのブルックナー第8番第3楽章は、もう少し速いテンポで指揮しても良かったのではないかと思うが、彼女の第4楽章は、改訂稿よりはるかに長いこの楽章を巧くまとめていると思うし、聴き惚れさせられる。

やっぱり、第4楽章は、第7番の音楽で終わらせられていると私は思う(再現部の第3主題の再現のあと第1楽章の第1主題が回想され、木管でカッコーみたいな音形が出て来るところ・・・ここは第7番に似ているようでありそうでないようでもあり微妙・・・)。そのことを、彼女は意識して指揮しているように聞こえる。

ヤングの指揮は、アンサンブルが問題。というかはっきり言ってこのアンサンブル、良いのか悪いのか判断できなかった(オケの問題か、録音の問題か、指揮者の力量の問題か)。しかし、ブルックナー第8番の初稿版を、演奏会で聴いたら「多分こういう音がするだろう」と私は感じた。そしてヤングは、ウィーン・フィルやベルリン・フィルを指揮しても、おそらく、こういう音を出すだろうと私は思う。

ブルックナー第8番の初稿版のスコアを見たヘルマン・レーヴィ(Hermann Levi, 言わずもがなですがパルジファルの初演をした人)が以下のように言っているのは、うなずけるような気がする。


そして私をことのほか驚かせたのは、第七番との類似性であり、形式のほとんど型どおりである点です。第一楽章の開始は素晴らしいですが、展開部については私はどう扱ったらよいかわかりません。そして、最後の楽章。これは私には閉ざされた書物です・・・【注】

レーヴィは、第4楽章について否定的見解をもらしているが、第8番の第4楽章が第7番と類似性を持つことを彼が否定しているとは、私は考えない。

【注】作曲家 人と作品 ブルックナー(121ページより)

« ヒューイットのバッハ:パルティータ集 | トップページ | ヒューストン・オペラのポーギーとベス »

ブルックナー」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/31166686

この記事へのトラックバック一覧です: シモーネ・ヤングのブルックナー8番:

« ヒューイットのバッハ:パルティータ集 | トップページ | ヒューストン・オペラのポーギーとベス »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ