« ヒラリー・ハーンを追っかける(7)ショスタコーヴィチ | トップページ | シャイーのマーラー:交響曲全集(3) »

2009年7月 5日 (日)

ラズモフスキー弦楽四重奏団のショスタコーヴィチ全集


Shostakovich


SHOSTAKOVICH
COMPLETE STRING QUARTETS
RASUMOWSKY QUARTETT
Dora Bratchkova, 1st violin
Ewgenia Grandjean, 2nd violin
Gerhard Müller, viola
Alina Kudelevic, cello
Recorded June - December, 2005
OEHMS CLASSICS

CD 1
1st Quartet in C major op. 49 (1938)
2nd Quartet in A major op. 68 (1944)
3rd Quartet in F major op. 73 (1946)

CD 2
4th Quartet in D major op. 83 (1949)
5th Quartet in B - flat major op. 92 (1952)
6th Quartet in Gmajor op. 101 (1956)

CD 3
7th Quartet in F - sharp minor op. 108 (1960)
8th Quartet in C minor op. 110 (1960)
9th Quartet in E - flat major op. 117 (1964)
11th Quartet in F minor op. 122 (1966)

CD 4
10th Quattet in A - flat major op. 118 (1964)
12th Quartet in D - flat major op. 133 (1968)
13th Quartet in B - flat minor op. 138 (1970)
Two Pieces op. 36
Adagio
"Elegy in F - sharp minor", transcription of the aria from the opera "Lady Macbeth of Mzensk"
Allegretto
Polka from the ballet "The Golden Age"

CD 5
14th Quartet in F - sharp major op. 142(1973)
15th Quartet in E - flat minor op. 144 (1974)

この全集は、技巧、表現力、アンサンブルは秀でてないし没個性であり、もう少しで破綻しそうな演奏のように思える(破綻する前にかろうじて曲が終わってしまうので破綻しないのかも...)。それでも、この全集は、私のようなショスタコーヴィチ入門者には、ボロディンQの新旧盤やエマーソンQのより聞きやすい全集だと思った。その理由を説明しようと思って、色々文章を考えてみたが結局、リーフレットにある下記の文章が私の印象を表してるようだ。


About this recording of the complete works

Even more important than the notation are the questions of choice of tempo and the temporelations. The musicians have kept strictly to the demands of the composer resulting in the slow movements no longer appearing so heavy and pathetic. On the other hand, the waltz in the Second Quartet and the last movement of Quartet No. 9 are now interpreted in their original tempo, to a breathtaking effect. Not least, these recordings come from an understanding of Shostakovich, which questions common ways of interpretation from the historic distance.

ラズモフスキー弦楽四重奏団のショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲全集について

(前略)記譜法よりさらに重要なことは、テンポの選び方とテンポの相関性の問題である。演奏者は厳密に作曲者の要求にこたえているので、遅い楽章は、もはやヘビーでもパセティックでもない。他方、第2番のワルツと第9番の終楽章は彼らのオリジナルのテンポであり、はっとさせられる解釈だ。もとよりこの録音は、ショスタコーヴィチの一般的作品解釈を、歴史的隔たりから探り理解するという発想でなされている。

私もこの演奏を聴いて「ショスタコーヴィチももはや古典だ」と主張しているように思った。

ついでに、マキシム・ショスタコーヴィチのコメント。


The new recording of all the quartets by Dmitri Shostakovich by the Rasumowsky Quartet has left the very deepest impression with me. The creative sensuous penetration into the world of Shostakovich’s music, the individual caftsmanship and talent of each member of this excellent ensemble make it possible to count this recording amongst the best interpretations of the music of my father’s altogether. I congratulate sincerely all the members of this wonderful quartet on the magnificent artistic performance and am convinced these CDs will provide the lovers of Shostakovich's music with very great joy.

Maxim Shostakovich, May 2006

このラズモフスキー弦楽四重奏団によるショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲全集の新録音は、私に非常に深い印象を残した。彼らのショスタコーヴィチの音楽への創造的で感覚的な浸透、このエクセレントなアンサンブルの各メンバーが持つ個々の傑出した才能、それらがこのレコーディングを、私の父の全音楽の最良の解釈の一つとして数えられることを可能にする。私はこの堂々たる芸術的演奏を為した素晴らしい弦楽四重奏団の全メンバーを祝し、これらの CD がショスタコーヴィチの音楽の愛好者に非常に大きい喜びを提供すると確信している。

マキシム・ショスタコーヴィチ 2006年5月

【追記】上記メンバーの名前を見れば分かるとおり、ラズモフスキー弦楽四重奏団はヴィオラ奏者以外は女性です。

« ヒラリー・ハーンを追っかける(7)ショスタコーヴィチ | トップページ | シャイーのマーラー:交響曲全集(3) »

ショスタコーヴィチ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/30417093

この記事へのトラックバック一覧です: ラズモフスキー弦楽四重奏団のショスタコーヴィチ全集:

« ヒラリー・ハーンを追っかける(7)ショスタコーヴィチ | トップページ | シャイーのマーラー:交響曲全集(3) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ