« バッハ:アリア集 聴き比べ | トップページ | 大地の歌 聴き比べ(1) »

2009年7月28日 (火)

大西順子 楽興の時

私は、ジャズも聴く。


Onishi


大西順子
楽興の時
2009 Somethin' Else Record, a division of EMI Music Japan Inc.

01. Hat and beard (Eric Dolphy) 5:29
02. I gotta right to sing the blues (Ted Koehler - Harold Arlen) 3:39
03. Back in the days (Junko Onishi) 7:21
04. Bittersweet (Junko Onishi) 6:17
05. Ill wind (Ted Koehler - Harold Arlen) 5:34
06. Musical moments (Junko Onishi) 8:11
07. Something sweet, something tender (Eric Dolphy) 4:37
08. G. W. (Eric Dolphy) 4:36
09. Smoke gets in your eyes (Otto Harbach-Jerome Kern) 3:05
Juonko Onishi : Piano
Yousuke Inoue : bass
Gene Jackson : drums
以上スタジオ録音
Bonus track
10. So long Eric - Mood indigo - Do nothin’ till you hear from me
(Charles Mingus) (Irving Mills - Duke Ellington - Barney Bigard) (Bob Russell - Duke Ellington)
16:19
Juonko Onishi : Piano
Reginald Veal : bass
Herlin Riley : drums
2008年9月14日、青山ブルーノート東京、ライヴ録音

まず驚いたのは、ボーナストラックに、1994年のヴィレッジ・ヴァンガード・ライヴで取り上げた "So long Eric" が、しかも同じメンバーによる演奏で収録されていること。まるで「聴き比べて下さい」と言わんばかり。実際聴き比べてみると、1994年のほうが安定していると思う。今回の2008年の演奏は、ヨーロッパライブ「Play, piano, play」の演奏に似ている感じがある。

<01> <07> <08> にドルフィーを持ってきている。彼女は過去に、ドルフィーを取り上げたことはないと思う。アルバムの第1曲目にドルフィーの「Out to Lunch」の第1曲目を持ってきたのは、アルバムのコンセプトをむしろ曖昧にしているような気がするが、その印象は私の主観に過ぎない。<2> が、ビリー・ホリデイのコモドア・レコーディングに入っている有名ブルース。<9> が、プラターズのヒット曲。余裕かまして遊んでいるのか。

<2> <5> <9> はピアノソロ。<2> <5> は同じ作曲者によるナンバー。
<3> <4> <6> はオリジナル曲。とくにタイトルナンバー <6> は作曲、演奏ともに充実している。

総じて言って、大西は完全復活したと思う。彼女のテクニックが衰えていないのは、彼女が活動休止期間も練習を怠っていなかった証であると思う。

大西がカムバックしたのは、ジャズ界にとって大きな喜びであり、またショッキングな出来事でもあろう。というのも、黒人音楽をまともに演奏できるピアニストが、いまの日本のジャズ界にはほとんど存在しないからである。大西には今後もコンスタントに活動を継続して欲しい。

ドラムの Gene Jackson が良い。

« バッハ:アリア集 聴き比べ | トップページ | 大地の歌 聴き比べ(1) »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/30731874

この記事へのトラックバック一覧です: 大西順子 楽興の時:

« バッハ:アリア集 聴き比べ | トップページ | 大地の歌 聴き比べ(1) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ