« シャイーのマーラー:交響曲全集(3) | トップページ | 煮ても焼いても食えない作品 コンヴィチュニーのブルックナー8番 »

2009年7月21日 (火)

煮ても焼いても食えない作品 シモーネ・ヤングのブルックナー8番


Simone8


Anton Bruckner
Symphony No. 8 C minor
First version 1887
Simone Young
Philharmoniker Hamburg
Recorded live December 14 & 15, 2008, Laeishalle Hamburg
OEHMS CLASSICS

CD 1
1. Allegro moderato 16: 05
2. Scherzo 14: 37
CD 2
3. Adagio 27: 44
4. Finale 24: 10

Total 82: 36

ブルックナーの交響曲第8番を、32種類(下記)も買ってしまったが、私の結論は「ブルックナーの第8番は1887年版のままで良かったのではないか」ということ。さらに「ブルックナーは、第8番を改訂せずに、さっさと第9番を書き上げれば良かったと思うこと」である。今後、1887年版が演奏される機会が多くなれば、ブルックナーのファンが、彼の最後の交響曲(第9番)が未完に終わったことを惜しみ悔しむ気持ちは増すかも知れない(私の意見に共感してくれるブルックナーファンが増えるかも知れない)。なぜなら、私の考えでは、第8番から第9番への進歩は、第7番から第8番へのそれより大きく、第9番こそブルックナーの交響曲の最高峰だと思うからだ。

私がこだわるのは第8番の第4楽章である。たしかに、この交響曲は、スケルツォを第2楽章に持ち、巨大な第3楽章を持つ点で、ベートーヴェンの第9番を模範にしていると思う。しかし第8番の第4楽章は、結局、同楽章の第1主題と第7番の第1楽章に収束してしまうと思う(再現部前と再現部の第1主題の再現に第7番の第1楽章が回想されるから)。第8番の第4楽章の手法は第7番の最終楽章の延長線上にある手法だと思う。というのもこの楽章は比較的(提示部に)忠実な再現部を持つが、大きなコーダを持つことなく(一応全楽章を回想するがこれも形式的に思える)あっさり終わってしまうからだ。それは、ソナタ形式を大きく逸脱しないという点で第7番の第4楽章に類似していると思う。さらに、この楽章は休止が多くコラール風の旋律が多い。その点もベートーヴェンの第九を模倣したのかも知れない。休止とコラールはカンタータやオラトリオを思わせる。ブルックナーは、ベートーヴェンの第九の終楽章のカンタータ様を真似したのかも知れない。しかし、それも形式的な模倣に過ぎず中途半端に思える。

これは彼女の第4番でも指摘したが、シモーネ・ヤングのブルックナー8番は粗いと思う。この演奏は、ブルックナーをよく研究していることをうかがわせるし、その点、細心な演奏である反面、アンサンブルの悪さバランスの悪さを合わせ持つ(木管が聞こえない)。美しいブルックナーを求める人はこの商品は買わない方が良いと思う。しかし、仮に彼女がこの作品に、あえて美しさや重々しさを与えず、研究成果だけを表したとしたら、彼女はしたたかだと思う。なぜなら、この作品がブルックナーの交響曲の通過点に過ぎないこと(ゴールはブルックナー第9番)をリスナーに認識させてくれるかも知れないからである。

交響曲第8番(1955年録音)2. Fassung 1888/90 Edition Schalk/von Oberleithner (1892)/Knappertsbusch/バイエルン国立/LIVE
交響曲第8番(1955年録音)Eduard von Beinum/RCO/LIVE
交響曲第8番(1959年録音)Originalfassung/Franz Konwitschny/ベルリン放送/STUDIO
交響曲第8番(1963年録音)改訂版/Knappertsbusch/ミュンヘン・フィル/STUDIO
交響曲第8番(1963年録音)1890年版/Carl Schuricht/Vpo/STUDIO
交響曲第8番(1964年録音)1887-90 Nowak/ヨッフム/Bpo/STUDIO
交響曲第8番(1966年録音)ノーヴァク版/ショルティ/Vpo/STUDIO
交響曲第8番(1971年録音)2nd Version/ベーム/バイエルン放送/LIVE
交響曲第8番(1975年録音)/Herbert Kegel/RSOL/STUDIO
交響曲第8番(1976年録音)ノーヴァク版1889-90/ベーム/Vpo/STUDIO
交響曲第8番(1976年録音)ノーヴァク版1890/ヨッフム/SKD/STUDIO
交響曲第8番(1982年録音)1887年第1稿/Eliahu Inbal/RSOF/STUDIO
交響曲第8番(1982年録音)1890年ノーヴァク版/テンシュテット/Lpo/STUDIO
交響曲第8番(1984年録音)1890年ノーヴァク版/Carlo Maria Giulini/Vpo/STUDIO
交響曲第8番(1985年録音)Originalfassung/Heinz Rogner/ベルリン放送/STUDIO
交響曲第8番(1988年録音)ハース版/カラヤン/Vpo/STUDIO
交響曲第8番(1989年録音)マゼール/Bpo/STUDIO
交響曲第8番(1990年録音)1890年ノーヴァク版/ショルティ/Cso/LIVE
交響曲第8番(1993年録音)1890年ノーヴァク版/Sergiu Celibidache/ミュンヘン・フィル/LIVE
交響曲第8番(1993年録音)1890年ノーヴァク版/Jesus Lopez-Cobos/Cincinnati Symphony/STUDIO
交響曲第8番(1994年録音)1890年ノーヴァク版/シノーポリ/SKD/STUDIO
交響曲第8番(1996年録音)1887年ノーヴァク版/Georg Tintner/National Symphony Orchestra of Ireland/STUDIO
交響曲第8番(1996年録音)ハース版/ブーレーズ/Vpo/LIVE
交響曲第8番(1999年録音)ノーヴァク版/Riccardo Chailly/RCO/STUDIO
交響曲第8番(2000年録音)ハース版/ヴァント/ミュンヘン・フィル/LIVE
交響曲第8番(2000年録音)ノーヴァク版/Nikolaus Harnoncourt/Bpo/LIVE
交響曲第8番(2001年録音)ハース版/ヴァント/Bpo/LIVE
交響曲第8番(2003年録音)ハース版/Marcus R. Bosch/sinfonieorchester Aachen/LIVE
交響曲第8番(2004年録音)Version 1884-1887/Dennis Russell Davies/Bruckner Orchester Linz/LIVE
交響曲第8番(2005年録音)ハース版/大植英次/大阪フィル/LIVE
交響曲第8番(2005年録音)ハース版/Herbert Blomstedt/GOL/LIVE
交響曲第8番(2008年録音)First version 1887/Simone Young/Philharmoniker Hamburg/LIVE
(STUDIO=セッション録音)

【Amazon.co.jp】へのリンク
ブルックナー:交響曲第8番[1887年第1稿(ノーヴァク版)]

« シャイーのマーラー:交響曲全集(3) | トップページ | 煮ても焼いても食えない作品 コンヴィチュニーのブルックナー8番 »

ブルックナー」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/30639648

この記事へのトラックバック一覧です: 煮ても焼いても食えない作品 シモーネ・ヤングのブルックナー8番:

« シャイーのマーラー:交響曲全集(3) | トップページ | 煮ても焼いても食えない作品 コンヴィチュニーのブルックナー8番 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ