« クリスティーネ・シェーファーの冬の旅 | トップページ | 2009年(前半)に購入したCDベスト10 »

2009年5月29日 (金)

クナッパーツブッシュの《バラの騎士》


Rosenkavalier


RICHARD STRAUSS
DER ROSENKAVALIER
Hans Knappertsbusch
Wiener Staatsoper
Die Feldmarschallin: Maria Reining
Der Baron Ochs: Kurt Böhme
Octavian: Sena Jurinac
Faninal: Alfred Poell
Sophie: Hilde Güden
Recorded on 16 November 1955
RCA

いまはもうないが、以前《バラの騎士》の音源について詳しく比較し論じたサイトが存在した。そのサイトで、クナッパーツブッシュの《バラの騎士》が絶賛されていた。私は随分前にクナの《バラの騎士》を聴いたときに、第2幕で、ゾフィーがオックスからいじめられて、べそをかいている場面や、幕切れでオックスが酔いつぶれている場面が、リアルで味があるという印象しかなかったが、久しぶりに聴き直してみると、この《バラの騎士》はポイント高いと思う。

Wikipedia に、うそかまことか下記の記述がある

クナッパーツブッシュは大変な練習嫌いで通っていたが、たとえ練習なしの本番でも、自分の意のままにオーケストラを操ることができる類稀なる指揮者であった。(中略)1955年に再建されたウィーン国立歌劇場の再開記念公演で、リヒャルト・シュトラウスの楽劇『薔薇の騎士』を上演することになった時には、練習場所のアン・デア・ウィーン劇場でメンバーに向かって「あなたがたはこの作品をよく知っています。私もよく知っています。それでは何のために練習しますか」と言って帰ってしまった。この本番のライヴ録音はCD化されているが、『薔薇の騎士』の名盤の一つに数えられている。

クナッパーツブッシュという人は、劇場という空間、環境のみならず、本当に「演劇」を「よく知っていた」人だと思う。

【HMV.co.jpへのリンク】
Der Rosenkavalier: Knappertsbusch / Vienna State Opera('55.11.16)

« クリスティーネ・シェーファーの冬の旅 | トップページ | 2009年(前半)に購入したCDベスト10 »

シュトラウス, リヒャルト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/29857953

この記事へのトラックバック一覧です: クナッパーツブッシュの《バラの騎士》:

« クリスティーネ・シェーファーの冬の旅 | トップページ | 2009年(前半)に購入したCDベスト10 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ