« モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲聴き比べ(8) | トップページ | クナッパーツブッシュの《バラの騎士》 »

2009年5月25日 (月)

クリスティーネ・シェーファーの冬の旅


FRANZ SCHUBERT
WINTERREISE D911
CHRISTINE SCHÄFER soprano
ERIC SCHNEIDER piano
7 - 9 / 11 / 2003
Onyx

クリスティーネ・シェーファーという歌手は、前から好きだったので、彼女が《冬の旅》を、どういうふうに歌っているか興味があって購入してみたが、これは、とても気に入ってしまった。先入観を与えないように、簡単に書くが、これは本来、男性歌手が歌う歌詞を女性が歌っているわけだが、言葉や詩の意味を少し比喩的に捕らえ直すことができてよかった。そして、おそらくシェーファーが意図したのとは違って「人生旅のごとし」「行きつくところは死」というテーマがぼやけて「明日のことは明日考えよう」という楽天的な気分にさせてくれた。つまり、彼女の歌唱は本来、この歌曲の持つ暗さを和らげていると思う。あと、F. ディースカウのは、途中で退屈するが、シェーファーのは、後半が良くて最後まで退屈しないのが良い。

ERIC SCHNEIDER のピアノ伴奏はうまいし、シェーファーの歌唱によくあっている。

« モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲聴き比べ(8) | トップページ | クナッパーツブッシュの《バラの騎士》 »

シューベルト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/29786735

この記事へのトラックバック一覧です: クリスティーネ・シェーファーの冬の旅:

« モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲聴き比べ(8) | トップページ | クナッパーツブッシュの《バラの騎士》 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ