« SACD の利点 | トップページ | クリスティーネ・シェーファーの冬の旅 »

2009年5月14日 (木)

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲聴き比べ(8)


Frank

"協奏交響曲K364、ヴァイオリン協奏曲Nos.1-5、アダージョK261、ロンドK373(1961,62,64,67年)",Arthur Grumiaux,コリン・デイヴィス

"協奏交響曲K364、ヴァイオリン協奏曲Nos.1-5、アダージョK261、ロンドK373、2つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネ ハ長調K190(1961-76年)",スターン,ジョージ・セルほか

"ヴァイオリン協奏曲Nos.1-5、アダージョK261、ロンドK269,373(1968年)",シュナイダーハン,Bpo

"ヴァイオリン協奏曲Nos.1-5、ロンドK373(1970-71年)",オイストラフ,Bpo

"協奏交響曲K364、ヴァイオリン協奏曲Nos.1-7、アダージョK261、ロンドK269,373、2つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネ ハ長調K190(1972-73年)",スーク,プラハ室内

"ヴァイオリン協奏曲Nos.1-5、アダージョK261、ロンドK269,373(1982,85年)",パールマン,レヴァイン,Vpo

"協奏交響曲K364、ヴァイオリン協奏曲Nos.1-5(1983,84,87年)",クレーメル,Nikolaus Harnoncourt,Vpo

"ヴァイオリン協奏曲Nos.1-5、アダージョK261、ロンドK269,373(1997年)",Giuliano Carmignola,Carlo de Martini,Il Quartettone

"ヴァイオリン協奏曲Nos.1-5、From the Serenade K.250(1997,99年)",Pamela Frank,David Zinman,Tonhalle Orchestra Zurich

"協奏交響曲K364、ヴァイオリン協奏曲Nos.1-5(2000-05年)",Thomas Zehetmair,Frans Brüggen,Orchestra of the Eighteenth Century

"協奏交響曲K364、ヴァイオリン協奏曲Nos.1-5(2005年)",ムター,Lpo

"協奏交響曲K364、ヴァイオリン協奏曲Nos.1-5(2007年)",Giuliano Carmignola,Abbado,Orchestra Mozart

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲聴き比べ(5)で私は、

「1番はスターン、スーク、クレーメル。2番はムター。3番はスターン、パールマン。4番はムター、スターン。5番はデュメイがよい。平均的にはグリュミオーがよい。したがって今回聴き比べた11種の中でお薦めは、無難なグリュミオー。新しい録音では、ムター盤を薦めることができる(ただし、第3番に違和感を感じなければ)」

という中途半端な結論しか出せなかったので、さらに、

Pamela Frank,David Zinman,Tonhalle Orchestra Zurich
Thomas Zehetmair,Frans Brüggen,Orchestra of the Eighteenth Century
Giuliano Carmignola,Abbado,Orchestra Mozart

の3種類を買い、聴き比べ、上記12種類のモーツァルト:ヴァイオリン協奏曲全曲集の BEST を見つけようとしたところ、

Pamela Frank,David Zinman & Tonhalle Orchestra Zurich

が一番良かった。

Pamela Frank,David Zinman のどこが良いかというと、それはもう「安いので買って聴いて下さい」としか言いようがない。かようなコメントはまったく無意味であり、読者に「こんなブログ、二度と読むか!」と叱られそう。だが私は、パメラの良さを、スコアを示しながら指摘しようとしたが、できなかったのだ。すなわち彼女の演奏は、これまで聴いたモーツァルトのなかで最も私の嗜好に合っているし、すべからく私の嗜好に合っているのに、それをうまく説明できないのだ。

この人は技巧は持たない。美音も持たない。HMV のレビューにあるとおり「線はやや細目ですが厚い化粧に頼らずさわやかな演奏」

パメラとジンマンの間には、ある種の緊張感があると思う。これは私の憶測(というより半ば創作)だが、二人の間に以下のような取引があったのではなかろうか。

パメラ・フランクというヴァイオリニストは、意外に個性的だ。ジンマンは、このじゃじゃ馬をうまく馴らしていると思う。すなわち二人の個性は違う方向を向いていると思う。この二人は互いに譲歩しあっていると思う。ジンマンは、自らのカデンツァを弾いてもらう代わりに、全面的に音楽的にパメラのモーツァルトの解釈を受け入れ、あるいはそれに合わせた。他方パメラは、ジンマンが書いたカデンツァを演奏することで、ジンマンのペースに、うまく乗せられているという気がする(モーツァルトのVn協奏曲において、カデンツァは極めて重要であり作品を支配する)。

パメラが、カデンツァを弾く間、オケが沈黙する。その沈黙は、単なる休止ではなく、パメラに「音楽の流れを壊すなよ」と、無言の圧力に思える。Tonhalle Orchestra にとっては、ジンマンとパメラの取引は、指揮者と独奏者の勝手な取引であり「我関せず」と、この二人の取引の結果が、うまく行こうが行くまいが責任ない。Tonhalle Orchestra の演奏は「そんな取引は勝手にやってくれ、おれたちも勝手にやる」という演奏に聞こえる。Tonhalle Orchestra の演奏に、ジンマンの個性が聴けない。ところが、Tonhalle Orchestra は、もしかしたら自主的に、主体的に、パメラに、合わせている。Tonhalle Orchestra は、ジンマンよりも、パメラに指揮(?)されている...とも思える。

パメラのカンタービレの美しさ、間の取り方、おかずの入れ方【注】は、Tonhalle の演奏と絶妙に調和している。それは「完璧である」とは断言できないが私には心地よい。

誰が誰を操っているのかわからない。指揮者、独奏者、オーケストラの隠された駆け引きが、この演奏の魅力だと思う。

それに対し、Giuliano Carmignola,Abbado,Orchestra Mozart の演奏には、上記の緊張感はまったくない。あろうはずがない。アバドが創設しカルミニョーラをコンサートマスターに置くユースオーケストラに、上記のような見えない駆け引きなど聴けようはずがない。すでに指摘したことだが、モーツァルトのVn協奏曲全5曲は(モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲聴き比べ(1)で指摘したとおり)集中的に書かれた作品群であるにもかかわらず、それぞれの個性が際立ち、各曲のオーケストレーションに深化が見える。それなのに、カルミニョーラ&アバド盤では、オケの主体性は存在しない。オケの弱さは、モーツァルトのVn協奏曲を演奏する際、致命的だ。

【注】一箇所スコアを示し指摘する。第5番(K219)第1楽章、ヴァイオリンソロによる提示部の序奏(midi)終わりのパメラの弾き方に注意。

K219_1_2

« SACD の利点 | トップページ | クリスティーネ・シェーファーの冬の旅 »

モーツァルト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/29614411

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲聴き比べ(8):

« SACD の利点 | トップページ | クリスティーネ・シェーファーの冬の旅 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ