« ムローヴァの無伴奏新盤 | トップページ | トスカニーニのマイスタージンガー »

2009年4月 3日 (金)

ヒューイットの平均律新盤


Hewitt


BACH
THE WELL - TEMPERED CLAVIER
ANGELA HEWITT
Recorded in Jesus - Christus - Kirche, Berlin, on 8 - 16 September 2008

まだ、第2巻しか聴いてないが、旧盤(1997 - 99年録音)の方が良かったと思う。

まず、私が買ったプレスにはノイズがある。

私のプレーヤ(marantz sa - 11s1 および sa - 7s1)はよくノイズを拾うので、これは(ノイズの原因は)不良品であるからではないと思う(たとえば、ディナースタインのゴルトベルク第29変奏にもノイズが聞こえる)。

ヒューイットの第2巻旧盤には、聞いても聞いても聞き尽くせない自然体があったが、この新盤は、変なアーティキュレーションなど、癖があるのが気に入らない。

FAZIOLI を弾いているのではなく、弾かれているという感じがする。たったの9日間で平均律全巻を録音したのは、やっぱり無理だったと思う。

« ムローヴァの無伴奏新盤 | トップページ | トスカニーニのマイスタージンガー »

バッハ, ヨハン・ゼバスティアン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/28948212

この記事へのトラックバック一覧です: ヒューイットの平均律新盤:

« ムローヴァの無伴奏新盤 | トップページ | トスカニーニのマイスタージンガー »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ