« ユリア・フィッシャーのバッハ:ヴァイオリン協奏曲集 | トップページ | ディナースタインのベルリン・コンサート »

2009年2月27日 (金)

藤原由紀乃の《ゴルトベルク》


Yukino


Yukino Fujiwara
J. S. BACH
Goldberg - Variationen BWV 988
Date of Recording: Dec. 19 - 21, 2007
Produced by Yukino Fujiwara

藤原由紀乃の《ゴルトベルク》をスコアを見ながら聴くと、この作品が、いかに複雑な曲であるかがわかる。

3つの声が絡み合い交叉する。本来は2段鍵盤でないと弾けない曲を藤原が巧みに弾きこなしていることもわかる。それらの変奏曲は、後期のベートーヴェンを思わせるものもあれば、バッハの平均律を思い起こさせるものもある。

しかし、録音が気に入らない。こもった音にはいささか閉口する。Bösendorfer Model 290 Imperial というピアノは、こういう録音でないと録れないのか。疑問である。

録音が悪いことは、ブラームス:2大変奏曲を聴いて覚悟はしていたが。

« ユリア・フィッシャーのバッハ:ヴァイオリン協奏曲集 | トップページ | ディナースタインのベルリン・コンサート »

バッハ, ヨーハン・ゼバスティアン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/28389024

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原由紀乃の《ゴルトベルク》:

« ユリア・フィッシャーのバッハ:ヴァイオリン協奏曲集 | トップページ | ディナースタインのベルリン・コンサート »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ