« ルチア・ポップの4つの最後の歌とリヒャルト・シュトラウス歌曲集 | トップページ | アンドリュー・マンゼのバッハ »

2008年11月22日 (土)

ヒラリー・ハーンを追っかける(6)


Photo_3




Johannes Brahms
Concerto in D Major for Violin and Orchestra, Op.77

I. Allegro non troppo 23:14
II. Adagio 9:31
III. Allegro giocoso, ma non troppo vivace 7:41

Igor Stravinsky
Concerto in D for Violin and Orchestra

I. Toccata 4:51
II. Aria I 4:27
III. Aria II 6:07
IV. Capriccio 5:31

Hilary Hahn, violin
Academy of St. Martin-in-the-Fields, conducted by Sir Neville Marriner
2001年録音
SONY

ヒラリー・ハーンという人は本当につかみどころのない人だ。

デビュー第4作に当たるこのブラームス&ストラヴィンスキーで、こけた ... と、思っていたのだが、久しぶりに聴いてみたら、良かった。

この人は、三大 Vn 協奏曲の一つと言われるブラームスの Vn 協奏曲に、あまり敬意を払ってない ... というか ... この演奏は新しい。ブラームス的に弾いてないと思う。私にとってブラームスと言えば、Pf 協奏曲第2番のように、交響曲のような協奏曲を書いた人というイメージがある。したがって、この作品77も、交響曲的スケールを目指さなければならないと思っていた。しかし、そうではなかった。すなわち、ハーンは前作のバーバーやメイヤーと同じようにブラームスを弾いているという気がする。つまり、普通の協奏曲として弾いている。考えてみれば、それでいいのだ。よく聞いてみたらこの作品は普通の協奏曲だった。といっても、ハーンがまったく、普通に弾いてるかというと、そうではなく、かなり、自己主張している(あたかもブラームスはかく演奏されるべしというハーンの自己主張)。にもかかわらず、彼女が何が言いたいのかわかるまで時間がかかるのは、なぜかと言うと、演奏が徹底的にクールだからだ。

ストラヴィンスキーにしても、まったく同じことが言える。これも普通の協奏曲のように弾いている。あたかも、ストラヴィンスキーを難しく弾いたり、聞いたりするのは間違いだとハーンは言ってるかようだ。
やすやすと弾いてるし、さらに言えばあたかも「ストラヴィンスキーは迎合的な人だったから迎合的に弾くのが正しい」と主張しているかように聞こえる。

ハーンはすごい。生意気かつ恐るべき天才だと思った。脱帽。

このアルバムにおいて、あまり自己主張しないマリナーと組んだのもうまいと思う。

最初に書いておかなければならなかったが、私はブラームスという作曲家は好きではない。だから、クールでもホットでも、実はどっちでもよい。

ストラヴィンスキーの Concerto in D についても、私はいままで、あまり聴いたことがなかったので、よくわからない作品だったし、気に入った演奏というものはなかった。しかし、ハーンの演奏は気に入ってしまったし、作品の意味もわかったような気にさせられた。

さらに書けば、ブラームスについては、ユリア・フィッシャーの一生懸命な演奏が気に入っていたが、いまは逆転した。

« ルチア・ポップの4つの最後の歌とリヒャルト・シュトラウス歌曲集 | トップページ | アンドリュー・マンゼのバッハ »

ブラームス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/25577662

この記事へのトラックバック一覧です: ヒラリー・ハーンを追っかける(6):

« ルチア・ポップの4つの最後の歌とリヒャルト・シュトラウス歌曲集 | トップページ | アンドリュー・マンゼのバッハ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ