« グールドのベートーヴェン:ピアノ・ソナタを聴く(4) | トップページ | 私の苦手な曲 バッハ:無伴奏チェロ組曲 »

2008年6月 3日 (火)

ディナースタインのゴルトベルク変奏曲


Simone


バッハ:ゴルトベルク変奏曲
シモーヌ・ディナースタイン(Simone Dinnerstein, Piano)
2005年録音

グールドのファンでありながら、彼の《ゴルトベルク》を好きじゃないというのは、私ぐらいではないだろうか。
《ゴルトベルク変奏曲》は、グールドのほか、ヴァルヒャ、キース・ジャレット、曽根麻矢子、ヒューイットを持っていたがどれにも満足できずにいた。上記シモーネ・ディナースタインは、全然期待せずに購入したが、大当たりだった。表現は悪いが、この人の演奏は身体を愛撫されるように気持ちいい。気持ちいいだけの演奏かと思いきや、第14、20変奏は、アグレッシヴな演奏も聴かせる。
タイムを見ると、第13変奏が一番長い(5'15)。第25変奏は、4'20。演奏時間は全曲で78分20秒と長い。しかし、ほとんどの変奏曲をリピートしているので(第16、25変奏をリピートしてないようだ)、78分は長すぎるとは言えないだろう。むしろ、テンポの速い曲も多い。面白いことに冒頭のアリアが一番長い(5'39)。
技巧的な第20変奏や第23、26、29変奏をちゃんと弾けてるので、この人は技巧も持っていると思う。バッハ評論家を気取ってる人からは、趣味が悪いと言われるかも知れないが、私は気にしない。私はもともと、バッハは、特に好きじゃない。私はバッハを演奏する人が好きだから、バッハを聴くのである。
使用ピアノは、1903年ハンブルク製のスタインウェイ Model D。
KRELL KAV-400xiで聴くと気持ちいい。

« グールドのベートーヴェン:ピアノ・ソナタを聴く(4) | トップページ | 私の苦手な曲 バッハ:無伴奏チェロ組曲 »

バッハ, ヨハン・ゼバスティアン」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/21391134

この記事へのトラックバック一覧です: ディナースタインのゴルトベルク変奏曲:

« グールドのベートーヴェン:ピアノ・ソナタを聴く(4) | トップページ | 私の苦手な曲 バッハ:無伴奏チェロ組曲 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ