« モザイク四重奏団のモーツァルト | トップページ | モーツァルト:弦楽四重奏曲《ハイドン・セット》その6 »

2007年4月30日 (月)

癒しの音楽とは

私にとって「癒し系」「癒しの音楽」とは、ただ美しくて眠たくなる音楽ではなく、思考を要求する音楽です。それは論理的で、理論にこだわった音楽でなければなりません。そしてそれは音の意味を考えさせる音楽であり、その音楽においてすべての音が「その音でないといけない」と思わせる音楽です。私にとって、癒しの音楽とは「頭痛を鎮痛する音楽」であり、疲れたときに聴いて初めてその良さが分かる音楽です。

そういう意味では、モザイク四重奏団のモーツァルトは私にとって「癒しの音楽」ではありませんでした。

« モザイク四重奏団のモーツァルト | トップページ | モーツァルト:弦楽四重奏曲《ハイドン・セット》その6 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/6258769

この記事へのトラックバック一覧です: 癒しの音楽とは:

« モザイク四重奏団のモーツァルト | トップページ | モーツァルト:弦楽四重奏曲《ハイドン・セット》その6 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ