トップページ | 耳の故障 »

2007年3月10日 (土)

モーツァルト:交響曲全集/ベーム/BPO(OIBPの問題)

Mozart_bohm_4

 昨年、DGから一連のモーツァルトBOXが出ました。国内盤ではなく、EU盤の方です

ベーム、ハーゲン四重奏団、ピリス、ゼルキン

このうちの

1.交響曲全集/ベーム指揮/BPO/10枚組
2.弦楽四重奏曲全集/ハーゲン四重奏団/7枚組

の二組買ったんですが、1の方は最悪でした。OIBP(Original Image Bit Processing)が、ベームの音を、だめにしています。アナログ盤の音とは、非常に違います。まるで別の音になってます。本来こういうトピックの場合、リマスターによって音がどう変わったか、具体的に、説明しなければ意味ないんでしょうが、私に言わせれば、これは問題外です。それ以前の問題です。はっきり言って、このCD盤は「ベームの指揮ではない」と言えます。私は、1980年にベームの日本公演を聴きに行ったし、この指揮者とのつきあいは長いので、このことは自信もって言えます。ここまで、音を変えてしまうと、音楽も変わってしまいます。私は、いままで、アナログ音源のリマスターを、それほど気にしてませんでしたが、この商品で、初めて、リマスターの問題を認識しました。本当に最悪です。一通り聴いたら、記念に、粗悪品の標本として保存します。

【参考】
なお、各レコード会社のデジタル・リマスタリング技術については、下記 Yamagisi さんのサイトに詳しく説明してあります。
http://classic.music.coocan.jp/etc/item/remastering.htm

トップページ | 耳の故障 »

エッセー、戯言(たわごと)」カテゴリの記事

モーツァルト」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/276661/5640949

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト:交響曲全集/ベーム/BPO(OIBPの問題):

トップページ | 耳の故障 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ