2018年12月11日 (火)

(C) Apple Music ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全曲/イザベル・ファン・クーレン、ハンネス・ミンナール、および、プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番、ウォルトン:ヴィオラ協奏曲、他/イザベル・ファン・クーレン、アンドルー・マンゼ&北ドイツ放送フィル、他、および、J. S. バッハ:クリスマス・オラトリオ/ダニエラ・ドルチ&ムジカ・フィオリータ

Beethoven_isabelle_van_keulen
(C) Apple Music 検索キーワード:Beethoven Isabelle van Keulen

または

https://itunes.apple.com/us/album/beethoven-complete-sonatas-for-piano-and-violin/1074014683


私は、ベートーヴェン全集は、イザベル・ファウスト盤、ムター盤、庄司紗矢香盤、イブラギモヴァ盤、フランチェスカ・デゴ盤を持っておるので、このイザベル・ファン・クーレン盤はいらないと思ったが、これは、音が新しいね。いったい、何というヴァイオリンを弾いているのだろうか?
高いけど買おうかな。



【収録情報】
Disc1
ベートーヴェン:
● ヴァイオリン・ソナタ第1番ニ長調 op.12-1
● ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調 op.12-2
● ヴァイオリン・ソナタ第3番変ホ長調 op.12-3

Disc2
● ヴァイオリン・ソナタ第4番イ短調 op.23
● ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調 op.24『春』
● ヴァイオリン・ソナタ第6番イ長調 op.30-1

Disc3
● ヴァイオリン・ソナタ第7番ハ短調 op.30-2
● ヴァイオリン・ソナタ第8番ト長調 op.30-3
● ヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調 op.96

Disc4
● ヴァイオリン・ソナタ第9番イ短調 op.47『クロイツェル』

イザベル・ファン・クーレン(ヴァイオリン)
ハンネス・ミンナール(ピアノ)

録音時期:2014年8月30日〜9月5日
録音場所:ベルギー、メヘレン、Motormusic Studio
録音方式:ステレオ(デジタル)
SACD Hybrid
CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

(HMV.co.jp より)





Isabelle_van_keulen
(C) Apple Music 検索キーワード:Isabelle van Keulen

または

https://itunes.apple.com/us/album/prokofiev-violin-concerto-no-1-walton-viola-concerto/1438420362


プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番は品がないが、ウィリアム・ウォルトンで挽回している。気に入った。これは買おうかなぁ…。


【収録情報】
1. プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調 Op.19
2. ウォルトン:ヴィオラ協奏曲
3. ヴォーン・ウィリアムズ:揚げひばり

 イザベル・ファン・クーレン(ヴァイオリン:1,3、ヴィオラ:2)
 ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団
 アンドルー・マンゼ(指揮:1)
 ケリ・リン・ウィルソン(指揮:2)
 アンドルー・リットン(指揮:3)

 録音時期:2018年3月5-9日(1)、2015年3月12,13日(2)、2015年1月26日(3)
 録音場所:ハノーファー
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

(HMV.co.jp より)





Musica_fiorita_daniela_dolci
(C) Apple Music 検索キーワード:Bach Musica Fiorita Daniela Dolci

または

https://itunes.apple.com/us/album/bach-weihnachtsoratorium-bwv-248/1438432435


バッハ、ヘンデルの声楽曲を、むさぼるように聴いていた頃の私なら、この祝祭的な雰囲気がセールスポイントであるアイテムを買っただろう。
しかし、いまは、訳あって、節約します。


【収録情報】
● J.S.バッハ:クリスマス・オラトリオ BWV.248

 グンタ・スミルノヴァ(ソプラノ)
 フラヴィオ・フェッリ=ベネデッティ(アルト)
 ハンス・ヨルグ・マンメル(テノール:エヴァンゲリスト)
 ライティス・グリガリス(バリトン)
 ムジカ・フィオリータ
 ダニエラ・ドルチ(チェンバロ、指揮)

 録音時期:2017年12月
 録音場所:スイス、バーゼル
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

2018年12月10日 (月)

(C) Apple Music Mozart: Complete Sonatas Klára Würtz

Mozart_klara_wurtz
(C) Apple music 検索キーワード:Mozart Klára Würtz

または

https://itunes.apple.com/us/album/mozart-complete-sonatas/665186100


イングリット・ヘブラーでさえ「リリー・クラウスやクララ・ハスキルを越えるためには、ただ、美しいだけの演奏じゃダメ(!)」と思っていたと私は思う。それ故に、ヘブラーのモーツァルトにも個性とクセがあると思う。しかし、このクララ・ヴュルツのモーツァルトにはクセがない。モーツァルトの Pf ソナタを、こんなに自然体に弾ける人は、私の知る限り、他に居ないと私は思うのだが…言い過ぎか(?)。

追記)残念なことに「Brilliant Classics」によるピアノ独奏曲の録音は、例によって、ピアノの音がこもっているんだよなぁ…しかも…このアイテムは多分廃盤だ…再発売すべきだよ。


【収録情報】
CD1
・ピアノ・ソナタ 第1番 ハ長調 K.279(189d)
・ピアノ・ソナタ 第2番 ヘ長調 K.280(189e)
・ピアノ・ソナタ 第3番 変ロ長調 K.281(189f)
・ピアノ・ソナタ 第4番 変ホ長調 K.282(189g)
・ピアノ・ソナタ 第5番 ト長調 K.283(189h)
CD2
・ピアノ・ソナタ 第6番 ニ長調 K.284(205b)
・ピアノ・ソナタ 第7番 ハ長調 K.309(284b)
・ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調 K.310(300d)
CD3
・ピアノ・ソナタ 第9番 ニ長調 K.311(284c)
・ピアノ・ソナタ 第10番 ハ長調 K.330(300h)
・ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.331(300i) 『トルコ行進曲付き』
CD4
・ピアノ・ソナタ 第12番 ヘ長調 K.332(300k)
・ピアノ・ソナタ 第13番 変ロ長調 K.333(315c)
・ピアノ・ソナタ 第14番 ハ短調 K.457
CD5
・ピアノ・ソナタ 第15番 ハ長調 K.545
・ピアノ・ソナタ 第16番 変ロ長調 K.570
・ピアノ・ソナタ 第17番 ニ長調 K.576
・ピアノ・ソナタ 第18番 ヘ長調 K.533/494
 クララ・ヴュルツ(ピアノ)

 録音時期:1998年8月
 録音場所:オランダ、ユトレヒト
 録音方式:デジタル(セッション)

(HMV.co.jp より)

2018年12月 3日 (月)

(C) Apple Music で節約 モーツァルト:ピアノ・ソナタ全曲/イングリット・ヘブラー(旧盤)、および、J. S. バッハ:平均律クラヴィーア曲集(第1巻)/エヴァ・ポブウォツカ(ピアノ)、および、ショパン:ピアノ協奏曲第1番、4つのバラード/チョ・ソンジン、ジャナンドレア・ノセダ&ロンドン交響楽団

Haebler
(C) Apple Music 検索キーワード:Mozart Complete Works for Solo Piano Haebler

または

https://itunes.apple.com/au/album/mozart-complete-works-for-solo-piano/162418441

↑ヘブラーの「モーツァルト:Pf ソナタ全曲(旧盤)」を含む「同ピアノ独奏曲全集」、2009年の私の自宅全焼火災で焼けてしまった。

モーツァルト: ピアノ・ソナタ全曲 (第1番-第18番)/イングリット・ヘブラー<タワーレコード限定>

↑そこで、上記のタワーレコード限定盤を再取得しようと思ったが、ヘブラーによるモーツァルトの名演は「協奏曲全集」であって「ソナタ全曲」ではないような気がする。彼女の「モーツァルト:ソナタ全曲」も良い演奏だが「協奏曲全集」に比べると完璧ではないような気がする。
買わない。節約します。
ヘブラーの「モーツァルト:Pf ソナタ全曲(旧盤)」は、私の記憶の中にしまって置きます。
(それを聴きたくなったら Apple Music で聴けるし…)。






Bach_poblocka
(C) Apple Music 検索キーワード:Ewa Poblocka

または

https://itunes.apple.com/us/album/bach-das-wohltemperierte-klavier-i/1441796684


この平均律第1巻は「Shigeru Kawai SK-EX」を弾いているということで買おうと思ったが、音も、演奏も、スヴャトスラフ・リヒテルの録音に似ている。真似しないで欲しい。買わない。


【収録情報】
● J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻 BWV. 846-869

 エヴァ・ポブウォツカ(ピアノ/Shigeru Kawai SK-EX)

 録音時期:2018年6月22-25日、7月9-11日
 録音場所:ワルシャワ、ヴィトルト・ルトスワフスキ・ポーランド放送コンサート・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 日本語解説付き

(HMV.co.jp より)






Chopin_seongjin_cho
(C) Apple Music 検索キーワード:Chopin Seong-Jin Cho

または

https://itunes.apple.com/jp/album/chopin-piano-concerto-no-1-ballades/1174609757


この人の弾く《バラード》は上手いけど平凡に聴こえる。《バラード》に関していえば、この人より上手い人は、いっぱい居るんじゃないかな。ブニアティシヴィリとか。河村尚子とか。
ショパン・コンクールもレベルが落ちたか(?)


【収録情報】
ショパン:
1. ピアノ協奏曲第1番ホ短調 Op.11
2. 4つのバラード

 チョ・ソンジン(ピアノ)
 ロンドン交響楽団(1)
 ジャナンドレア・ノセダ(指揮:1)

 録音時期:2016年6月(1)、2016年9月(2)
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード・スタジオ(1) ハンブルク、フリードリヒ=エーベルト=ハレ(2)
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)

2018年12月 1日 (土)

WILHELM BACKHAUS The complete pre-War Beethoven recordings

Backhaus

WILHELM BACKHAUS The complete pre-War Beethoven recordings

CD 1 (65.57)
LUDWIG VAN BEETHOVEN
1-3. Piano Concerto No 4 in G major, Op 58 recorded September 1929 & March 1930
4-6. Piano Concerto No 5 in E flat major, Op 73 ‘Emperor’ recorded January 1927
Royal Albert Hall Orchestra conducted by Landon Ronald

CD 2 (76.21)
LUDWIG VAN BEETHOVEN
1-3. Sonata No 8 in C minor Op 13, ‘Pathétique’ recorded January 1927
4-6. Sonata No 14 in C sharp minor Op 27 No 2, ‘Moonlight’ recorded November 1934
7-9. Sonata No. 26 in E flat major, Op 81a, ‘Les Adieux’ recorded November 1934
10-11. Sonata No. 32 in C minor, Op. 111 recorded May 1937

JOHANN SEBASTIAN BACH
12-13. Prelude and Fugue No 1 in C major, BWV846 (Well-Tempered Clavier, Book 1) recorded May 1937
14-15. Prelude and Fugue No 22 in B flat minor, BWV867 (Well-Tempered Clavier, Book 1) recorded November 1934
16. Pastorale from Christmas Oratorio BWV248 (arr. Clarence Lucas) recorded November 1934


【前置き1】
私はかつて、Amazon.co.jp のカスタマーレビューに以下のように書いた:

バックハウスのベートーヴェン:Pf ソナタ全集新旧録音の技巧の差は小さい
1)もしバックハウスが、40代、50代に、ベートーヴェン:ソナタ全集を完成させていたら、つまり、もし、そんなものが、この世にあったとしたら、それ(つまり40代、50代のバックハウスの技巧)と、60代、70代のバックハウスの技巧の差は『大』だろう。
2)バックハウスの「ベートーヴェン:ソナタ全集」は、いずれも彼の60代以降に録音されている。彼の「ベートーヴェン:ソナタ全集新旧盤」は、いずれも彼の全盛期ではなく、彼が、高齢のとき、すなわち60歳を超えた時に録音されたものである。
3)よって、バックハウスが60代に録音した「旧盤」にも技巧の衰えはあるはず・・・
4)以上をまとめれば、「バックハウスの『ベートーヴェン:ソナタ全集新旧盤』は、いずれも彼が、高齢の時の録音である。したがって、バックハウスの『ベートーヴェン:ソナタ全集新旧盤』いずれにおいても、若い頃のバックハウス(40代、50代)に比べれば、技巧の衰えがあるはず」という意味で、私は上記レビューにて「(新旧演奏の)技巧の差は小さい」と書いたのだった。
(http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-994b.html)

【前置き2】
これ、ベーゼンドルファー・インペリアルを弾いているのかどうか分からないけど…スゴイよ。

【本文】
私は、バックハウス(1884 - 1969)が、40代、50代に「ベートーヴェン:Pf 協奏曲、ソナタ」を弾いた「音源」は無いと思っていたが…あったよ(!)。バックハウス60代以降に録音された「同 Pf 協奏曲、ソナタ集」はおおらか。それに対し、バックハウス40代、50代に録音されたこのベートーヴェン集は、サディスティック(!)。彼は作品と楽器を痛めつけている。殺気立ってる。この「ベートーヴェン:Pf 協奏曲、ソナタ集」は、その荒っぽさが、リスナーの聴覚よりも身体全体を反応させると思う…そしてそれは極まる…「ベートーヴェンはこう弾いて欲しい」と…。




【収録情報再掲】
Disc1
● ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調 Op.58(録音:1929年9月25日&1930年3月12,13日)
● ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 Op.73『皇帝』(録音:1927年1月27日)

Disc2
● ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番ハ短調 Op.13『悲愴』(録音:1927年1月28日)
● ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調 Op.27-2『月光』(録音:1934年11月6,8日)
● ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第26番変ホ長調 Op.81a『告別』(録音:1934年11月6,8日)
● ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番ハ短調 Op.111(録音:1937年5月13日)
● J.S.バッハ:前奏曲とフーガ第1番ハ長調 BWV.846(録音:1937年5月14日)
● J.S.バッハ:前奏曲とフーガ第22番変ロ短調 BWV.867(録音:1934年11月8日)
● J.S.バッハ/ルーカス編:クリスマス・オラトリオ BWV.248より「パストラーレ」(録音:1934年11月6日)

 ヴィルヘルム・バックハウス(ピアノ)
 ロイヤル・アルバート・ホール管弦楽団
 ランドン・ロナルド(指揮)

 モノラル
 リマスタリング:アンドルー・ハリファックス

(HMV.co.jp より)

2018年11月28日 (水)

(C) Apple Music で節約 モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り/ブリュノ・ボテルフ&ルドゥス・モダリス、および、モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番、ファゴット協奏曲/河村尚子、アンドレア・チェラッキ、ダグラス・ボストック&アールガウ交響楽団他、および、J. S. バッハ:ゴルトベルク変奏曲/ロベルト・ロレッジャン、および、モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番、第3番/ニコライ・ズナイダー、ロンドン交響楽団

Bruno_boterf
(C) Apple Music 検索キーワード:Bruno Boterf

または

https://itunes.apple.com/jp/album/monteverdi-vespro-della-beata-vergine/1435595700


この演奏には私の大好きな第11曲「Sancta Maria, ora pro nobis」が入ってないみたい。それに、17世紀にタイムスリップするなら、女声はボーイ・ソプラノとカウンターテナー、つまり男性に歌わせなければならない…さもなければ『17世紀式解釈』にならないのではないかな…。なぜなら、モンテヴェルディの時代は、女性が宗教曲を歌うことが禁じられていたと思うから…。


【収録情報】
● モンテヴェルディ:聖母マリアの夕べの祈り (1610)〜声楽と通奏低音のみによる17世紀式解釈

 ルドゥス・モダリス(声楽アンサンブル)
 ブリュノ・ボテルフ(音楽監督、テノール)

 アンヌ=マリー・ブロンデル(オルガン)
 ジャン=リュック・ホー(チェンバロ)
 フランク・ポワトリノー(バス・サックバット)
 ヴォルニー・オスティウ(バス・コルネット)
 メリュジーヌ・ド・パ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

 録音時期:2017年10月
 録音場所:フランス、プランザック、サン・シバール教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)






Photo
(C) Apple Music 検索キーワード:河村尚子

または

https://itunes.apple.com/jp/album/mozart-concerti/1435199096


このモーツァルトの Pf 協奏曲は、個性的で、いいんじゃないの。これは節約しない。買います。

追記) K.467 の第1楽章のカデンツァに驚かされる。


【収録情報】
モーツァルト:
1. ピアノ協奏曲第21番ハ長調 K.467
2. ファゴット協奏曲変ロ長調 K.191

 河村尚子(ピアノ:1)
 アンドレア・チェラッキ(ファゴット:2)
 アールガウ交響楽団
 ルネ・ベルグマン(指揮:2)
 ダグラス・ボストック(指揮:1)

 録音時期:2017年3月22日(1)、2014年11月18日(2)
 録音場所:スイス、アーラウ
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

(HMV.co.jp より)






Roberto_loreggian
(C) Apple Music 検索キーワード:Bach Roberto Loreggian

または

https://itunes.apple.com/us/album/bach-goldberg-variations-bwv-988/1420592200


重くて騒がしい。買わない。


【収録情報】
● J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV.988

 ロベルト・ロレッジャン(チェンバロ/1998年、Patella/Pergolis ミヒャエル・ミートケ製の複製)

 録音時期:2017年8月23-27日
 録音場所:Abbazia di Santa Maria delle Carceri, Padova, Italy
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

(HMV.co.jp より)






Mozart_nikolaj_znaider
(C) Apple Music 検索キーワード:Mozart Nikolaj Znaider

または

https://itunes.apple.com/jp/album/mozart-violin-concertos-nos-1-2-3/1440576929


面白そうだけど、もっと楽しく弾いてくれないかなあ。買わない。


【収録情報】
モーツァルト:
● ヴァイオリン協奏曲第1番変ロ長調 K.207
● ヴァイオリン協奏曲第2番ニ長調 K.211
● ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 K.216
 (カデンツァ/ズナイダー)

 ニコライ・ズナイダー(指揮&ヴァイオリン/グァルネリ・デル・ジェス「クライスラー」)
 ロンドン交響楽団

 録音時期:2016年、2017年
 録音場所:ロンドン、バービカン・ホール
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.1 SURROUND

(HMV.co.jp より)

«Arvo Pärt Viktoria Mullova Estonian National Symphony Orchestra Paavo Järvi

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ