2018年6月19日 (火)

塀倒壊で死亡の女児、「あいさつ当番」へ1人で登校中/ブロック塀の部分は開校当時は金網だったが、プールが外から見えないよう、目隠し代わりにブロック塀になったという(2018年6月18日)

http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-af49.htmlの続き

==

塀倒壊で死亡の女児、「あいさつ当番」へ1人で登校中

 通勤・通学の時間帯に激しい揺れが襲った。18日に発生した、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震。4人が犠牲となり、300人以上が負傷した。高槻市で亡くなった女児が下敷きになった塀について、市は、強度を高める「控え壁」がないなど、違法建築物だと認めた。(2018年6月18日19時27分 朝日新聞デジタルより)

(下に続く)

» 続きを読む

大阪府北部地震/倒壊のブロック塀は「建築基準法違反」高槻市認める/高槻市立寿栄小学校(たかつきしりつ じゅえいしょうがっこう)のブロック塀が道路側に倒れ、9歳の女の子が死亡/痛ましい/ご冥福をお祈りします(2018年6月18日)

http://koshiro-m.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/2018618-5b02.htmlに続く

==

倒壊のブロック塀は「建築基準法違反」高槻市

大阪 高槻市の教育委員会は、小学校のブロック塀が倒壊して4年生の女の子が死亡したことについて、この塀が建築基準法に違反していたことを認めました。(2018年6月19日 0時04分 NHK オンラインより)

(下に続く)

==

倒壊のブロック塀「通学路から非常に高く危険」

Takatsuki_500
(C) NHK

Takatsuki_2_500
(C) Google 倒れる前のブロック塀

今回の地震ではブロック塀が道路側に倒れ、9歳の女の子が死亡しました。
小学校のプールの周りにあるブロック塀が倒壊したことについて、昭和53年の宮城県沖地震の被害をきっかけに地震によるブロック塀の被害調査などを長年行ってきた東北工業大学の最知正芳教授は、「道路からの高さが非常に高く、映像を見ただけで、地震の揺れでブロック塀が倒れれば、非常に危険だとわかる」と指摘しました。
(2018年6月18日 17時32分 NHK オンラインより)

(下に続く)

» 続きを読む

2018年6月18日 (月)

(C) Apple Music ヤニク・ネゼ=セガン&ロッテルダム・フィル・コレクション/ライヴ録音集〜ブルックナー:交響曲第8番、ドヴォルザーク:交響曲第8番、バルトーク:管弦楽のための協奏曲、他(6CD)、および、モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番、ピアノ・ソナタ第10番、他/ソン・ヨルム、ネヴィル・マリナー&アカデミー室内管弦楽団

Rotterdam_seguin

(C) Apple Music 検索キーワード:Rotterdam Seguin

ヤニク・ネゼ=セガンのロッテルダム・フィル・ライヴ・コレクション。

ブルックナー:交響曲第8番第4楽章のみ試聴。それは良い演奏だと思った。それは下記(ブルックナー:交響曲全集)より味があるかも知れない。
確かに、このコレクションに、ブルックナー以外、超名演が含まれている可能性はある。だが、このオケ、なんだかアンサンブル綺麗じゃないね。

結論。節約のため買わない。もっと、オケに魅力があれば、良かったのに。


【収録情報】
Disc1
1. ショスタコーヴィチ:交響曲第4番ハ短調 Op.43

Disc2
2. マーラー:交響曲第10番嬰ヘ長調

Disc3
3. ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調 Op.93
4. チャイコフスキー:幻想曲『フランチェスカ・ダ・リミニ』 Op.32
5. タネジ:ピアノ協奏曲

Disc4
6. バルトーク:管弦楽のための協奏曲 Sz.116
7. ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調 Op.88

Disc5-6
8. ブルックナー:交響曲第8番ハ短調 WAB108
9. ドビュッシー:夜想曲
10. ハイドン:交響曲第44番ホ短調 Hob.I-44『悲しみ』

 マルカンドレ・アムラン(ピアノ:5)
 コレギウム・ヴォカーレ・ゲント合唱団(9)
 ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団
 ヤニク・ネゼ=セガン(指揮)

 録音時期:2011年6月(6)、2012年11月(10)、2013年10月(5)、2014年12月(9)、2015年11月(4)、2016年2月(8)、4月(2)、12月(1,3,7)
 録音場所:ロッテルダム、デ・ドーレン
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

(HMV.co.jp より)


【参考】


ブルックナー:交響曲全集(第1番〜第9番)ヤニク・ネゼ=セガン&モントリオール・メトロポリタン管弦楽団(10CD)





Yeol_eum_son
(C) Apple Music 検索キーワード:Yeol Eum Son

ピアノ協奏曲第21番は、第1楽章のカデンツァが、ピンと来ない。
ピアノ・ソナタ第10番は「第1楽章再現部の第2主題が属調で再現するので『アレッ!』と思わせといて、ちゃんと主調で再現するところ」は上手い。
だが、この人の演奏は「Apple Music」で聞けば十分(!)。買わない。


【収録情報】
モーツァルト:
1. ピアノ協奏曲第21番ハ長調 K.467
2. ピアノ・ソナタ第10番ハ長調 K.330
3. ドゼードの「リゾンは眠った」による変奏曲ハ長調 K.264
4. 幻想曲ハ短調 K.475

 ソン・ヨルム(ピアノ)
 アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ(アカデミー室内管弦楽団)(1)
 サー・ネヴィル・マリナー(指揮:1)

 録音方式:ステレオ(デジタル)

(HMV.co.jp より)

2018年6月17日 (日)

フルトヴェングラーの《ドン・ジョヴァンニ》/アマゾンJPへのレビューのコピー

【これは ASIN: B079P978SL へのレビューです】

Don_giovanni

Wolfgang Amadeus Mozart
Don Giovanni
Chor der Wiener Staatsoper
Wiener Philharmoniker
Wilhelm Furtwängler
Recorded live at the Salzburg Festival, 3.VIII.1954


【収録情報】
● モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』 K.527 全曲

 チェーザレ・シエピ(ドン・ジョヴァンニ)
 デジュー・エルンスター(騎士団長)
 エリーザベト・グリュンマー(ドンナ・アンナ)
 アントン・デルモータ(ドン・オッターヴィオ)
 エリーザベト・シュヴァルツコップ(ドンナ・エルヴィーラ)
 オットー・エーデルマン(レポレッロ)
 エルナ・ベルガー(ツェルリーナ)
 ヴァルター・ベリー(マゼット)

 ウィーン国立歌劇場合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

 録音時期:1954年8月3日
 録音場所:ザルツブルク、フェルゼンライトシューレ
 録音方式:モノラル(ライヴ)

(HMV.co.jp より)


録音に音飛びなどない・・・と思う。音は良いと思う。低音がちゃんと響く。

序曲はスローテンポなので、テクスチャー・転調がよく聴こえる(ただし、序曲の終わりのところ、オケがリズム外している)。本編もスローであり、きめが細かく、ストーリーの流れが良く、最後まで一気に聴くことができる。なぜならば、このフルトヴェングラー指揮による《ドン・ジョヴァンニ》は、言うまでもなく、喜劇性よりもロマン性が勝るからだ。

チェーザレ・シエピが良い・・・と言うか、これまた言うまでもなく、この公演の歌手陣は、そうそうたるメンバーだね。例えば、シュヴァルツコップ(ドンナ・エルヴィーラ)は、第2幕第2場のアリアを熱唱している。エリーザベト・グリュンマー(ドンナ・アンナ)は、第2幕第4場のアリアを丹念に歌っている。

このフルトヴェングラー指揮による《ドン・ジョヴァンニ》と、私が日頃、愛聴して来たベーム指揮による(3種類の)《ドン・ジョヴァンニ》とを、聴き比べて見る、と、ある意味、両者は対照的である。したがって、両者の聴き比べは、両者の《解釈》《性質》の違いが分かって楽しい:カール・ベーム盤はフルトヴェングラー盤より、テンポが速いので、テンションが高い。しかも、論理的(?)。
尤も、フルトヴェングラー盤も、勿論、テンション高く、論理的(?)。

2018年6月16日 (土)

(C) Apple Music モーツァルト:フルート協奏曲第1番、第2番、ミスリヴェチェク:フルート協奏曲/アナ・デ・ラ・ヴェガ、イギリス室内管弦楽団、および、シューマン:森の情景、幻想小曲集、幻想曲/エイナフ・ヤルデン

Ana_de_la_vega
(C) Apple Music 検索キーワード:Ana de la Vega

この人の演奏には、何かが足りないような気がする・・・表現力かな? 買わない。


【収録情報】
● モーツァルト:フルート協奏曲第2番ニ長調 K.314(I. 7:41/ II. 6:20/ III. 5:16 = 19:17)
● モーツァルト:フルート協奏曲第1番ト長調 K.313(I. 8:38/ II. 9:31/ III. 7:16 = 25:25)
● ミスリヴェチェク:フルート協奏曲ニ長調(I. 6:33/ II. 7:41/ III. 3:59 = 18:13)

アナ・デ・ラ・ヴェガ(フルート)
イギリス室内管弦楽団
ステファニー・ゴンリー(リーダー)

録音時期:2016年9月
録音場所:ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール
録音方式:ステレオ(PCM HI-RES/セッション)
SACD Hybrid

(HMV.co.jp より)





Einav_yarden
(C) Apple Music 検索キーワード:Einav Yarden

「シューマン:幻想曲 ハ長調」は上手いよ。ある意味、フレッシュ。アルゲリッチの演奏に少し似ているかな? だが、第2楽章以降は、ちょっと弱いかな・・・。買わない。


【収録情報】
シューマン:
● 3つの幻想小曲集 Op.111
● 幻想曲 ハ長調 Op.17
● 森の情景 Op.82

 エイナフ・ヤルデン(ピアノ)

 録音時期:2017年11月24-27日
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid

(HMV.co.jp より)

«フルトヴェングラーの《フィガロ》/アマゾンJPへのレビューのコピー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

無料ブログはココログ